Forza Si – スタビライザーを使おう!その壱

バイクの振動は想像以上

以前購入したMUSON C1という、Go Proの父親違いの異母兄弟(つまり全くの赤の他人)みたいな製品、なかなか安いし性能も悪くない。これを使って前回、Forza Z ABSで走行動画を撮影したんだよ。

今のMUSONは俺が買ったときより内容とか性能がちょっと変更されてるのかな?こっちのほうが良いかも。

車体に付けて撮影すると、とてもじゃないけど振動で見られたもんじゃない。ステーを組み合わせてミラーにつけたり、カメラ用クリップ買ってシールドにつけたり、カウルにつけてみたり、色々試したけど、どれもダメ。やっぱりバイク車体じゃなくて、ライダーにつけないとダメみたい。

ヘルメットにマウント固定してC1で撮影した記事は、こちらにあるので参考にされたし。
“Forza Si – スタビライザーを使おう!その壱” の続きを読む

Metasequois4 – 球体から頭部を作る #008

気になる所があれば辺を追加

大雑把になっている部分で気になる部分は何も考えずにどんどん辺を追加していくのが良い。
というわけで、あとは感覚的に編集していくだけ。

  • 鼻にある大きめな面を幾つか辺を追加して分割
  • 追加していくと目の当たりにも辺が必要なので追加していく

tmp00074

“Metasequois4 – 球体から頭部を作る #008” の続きを読む

Metasequoia4.5 – 球体から頭部を作る #001

ことはじめ

牛山雅博さんという人がいる。
YouTubeのチャンネルはこちら

この動画を見れば、誰もが『おぉ!』って思うと思う。俺は思った。

氏はMAYAというソフトを使っているようだけど、俺のMetasequoiaでもできないかな、できそうだ、ということで、Metasequoiaでこの動画を真似して頭部を作ってみようと思う。

“Metasequoia4.5 – 球体から頭部を作る #001” の続きを読む

Metasequoia4.5 – モデリング基礎

ことはじめ

1995年くらいに3DCGにハマって、六角大王とかいじりまくってた。
その他DOGA-Lなどのソフトでショートムービーを作ったり、Shade4を購入し、ベジェベースでモデリングもしてた。
その時に流行ってたのはLightWade 3Dというソフトで、こちらはポリゴンベースだった。

当事はなんだかよくわからないままモデリングし、なんだかよくわからないままライティングし、なんだかよくわからないままレンダリングして満足してた。

“Metasequoia4.5 – モデリング基礎” の続きを読む