俺のリフォーム – カーペット敷く

契約更新したからちゃんとする

引っ越し大好きな俺としては、2年契約が終わったら必ず引っ越してた。しかし今回住んでる物件、広いくせに安いので気に入ってしまった。

というわけで、生まれて初めて契約更新。更新の2ヶ月前に更新手続き済ませたので、まだ2年以上ある。

じゃぁせっかくなので、引っ越してきたときから面倒くさくて手を付けてない押入れとか、そういうのちゃんとしようって思った。

俺の住んでる部屋は作業部屋と寝室があり、キッチンは別になってる。大雑把にいうと3部屋だ。
で、フローリングなんだけど、フローリングって人気高そうだけど、俺は実はそれほど好きじゃ無かったりする。理由は簡単。

ホコリが舞う

からだ。

クイックルワイパー的なもので都度吹けばいいじゃん!と思っていたが、これが本当に面倒くさい。いちいちシートを張り替えたり、直接手で触ったりするから手が汚れるし、はっきりいってこんなものは何の役にも立たない。掃除機で一気にズガーってやる方が良い。

というわけで、掃除し易いように、床はカーペットを敷いていきたい。全力で敷いていきたい。

カーペットならホコリは舞わずに吸い付くので、掃除機で掃除してるときでも部屋の中にほこりがまったりしにくい(ダイソンがほしいな)。それに汚れてるのがわかりやすいといのもあるし、なにより 裸足で歩いていてもベタベタしない のが良い。

川、森、林(竹林)に囲まれてる場所なので、換気のために窓をあけると直ぐに葉っぱや虫が入り込み、部屋がそれなりにアウトサイダー化してしまう(虫とか全然平気なんでそういう意味では全く苦痛ではない)。都心に住んでいるときにはなかった感じだ。

洗濯物を取り込むと、大抵葉っぱがついてたりすることが多い。大きいものはその場で取るけど、小さいものは気づかなかったりするので、そういうのが床に落ちてどんどん部屋が散らかるんだろうな。

そしてフローリングなので、風でゴミが移動する。目が悪いのであまり気づかないが、よく見ると部屋の段差があるところには、結構ゴミが溜まってたりする。
フローリング嫌だなっておもった。

せっかく都心から離れた住みやすい場所なのに、嫌な気持ちになるのは避けたい。じゃあ、カーペットだろ、と。

今は都心に住もうという気はまったくない。ここいら辺は都心と同じ家賃を出すなら、都心の2~3倍の広さで住める。それに駐車場が無料だったり、どこに止めても怒られなかったりする。人間がおおらか。そういう意味でも東京都下って大好きなんだよね。両隣が栄えた街なので、バイクが有ればなんでも揃うし、そもそも大型ショップや問屋が多いので安くて大量。それから電車1本で30分もあれば都心にも出れる。

サイズを測ろう

というわけで、まずは部屋のサイズを測らないといけない。

マンションの様に部屋の四隅が出っ張ってたりしないので、完全に四角形だ。

俺がマンションに住まない理由はこれなんだよな。マンションは同じ6畳でも狭いし。そして隅が出っ張ってたりする。たまに変形してる部屋もある。模様替えとか好きな俺としては模様替えの自由度が著しく下がるので、可能な限り木造のアパートやコーポに住むようにしてる。

早速測ってみた所、340x238cmだった。あんまり聞いたこと無いサイズかも。

ニトリで買う予定なので、ニトリのサイトで似たようなサイズのを探した見たらやっぱり同じのはないわけで、大きめサイズのカーペットを買い、カットロックしてもらう必要がある。

ちなみに俺は基本的に家具などはニトリで買うことが多い。特に寝具やカーテンなど。事務系の、例えばデスクや本棚などはロウヤが多いかな。それぞれ格安ってわけでもないけど、そもそも長期間使うものを値段が安いってだけの安モノにするほど、俺は生活水準を下げたくないので、それなりにお金を使ってるよ。あとはものにもよるけど、アイリスオーヤマのものは良質が多いのでAmazonで良く買うことがある。

というわけで、これに決めた。

これのモカを作業部屋に、グリーンを寝室に敷いてみたい。

6畳だとサイズが261x352cmなので、これを買ってカットロックしてもらえばOKだね。

1枚で13,797円もするので、まずは試しに作業部屋に先に敷いてみたいので、モカを買おう。

予想外の事案が発生

なんと、ニトリのショップサイトでは、カットロックするには用紙をプリントアウトし、それをFAXしないといけないという!!!!

お前ら石器時代の人間か?

と思ったが、まぁIT業界にずっと身を置いてるけど、IT業界の人間は世の中すべての人間がITに携わっていてそれなりに詳しくないといけないという勘違いする症候群 なわけではないので、仕方がないと思った。

とは言え、注文するのにこの面倒臭さはいただけない。早速サポートに電話だ。

俺『カットロックしたいんだけど、FAXする以外に方法ありますか?例えば画像をメールに添付して送るとか。』
女『確認しますね!』

ふぅ、一応確認はしてくれるらしい。

女『今工場に問い合わせました所、現状FAX以外では受け付けてないようなのです!!』
俺『ナノデス!!!

なんという香ばしさ。

仕方がないので最終手段に出る。

俺『ほしい商品の型番とサイズを、実際の店舗で店員に伝えて注文することは出来ますよね?』
女『あ、はい、それなら大丈夫です!』

ニトリは良くバイクでいくので、このほうが楽だ。

というわけで、サイズと型番、色をGoogle KeepとかいうGoogle KeepにGoogleっぽくKeepして、バイクでニトリに向かった。

ニトリ世代

さて、店に入った直後にサービスカウンタに進む。早速注文した。

ちゃんと店員がサイズを書いた紙をみせてくれて、それをFAXしていた。

今回は四角形のままカットするので口頭での説明で十分だったけど、もしマンションとかで角をカットしたり、全体を変形させるなら、やっぱりちゃんと用紙に形を書いたほうが良いと思う。

そして送料が1,500円位かかるらしい。むむむ、高いな。まぁいいや。

ニトリング

そして1週間後、カーペット届いた。1時間を目安に一気に敷くことにした。

キッチン側から撮影した俺の作業部屋。なんだか雑多な感じがしてまとまりがない。一応カーテンとかマットは大好きなグリーン系のパターンにしてあるけど、全体的に弱い。

さて、余計な事は考えずに、とにかく無心でやるべし!!!

まずはPC関連のデスクを綺麗に且つさっぱりとさせるべし!!!

で、下に敷いてるマットを剥がしたら、『へ?』っていう状態になってた。

なにこの粉末!?

もしかして、マットの中に含まれていた何らかの粉末が全部落ちたってことかな。買ったあと、最初に洗濯とかしなければならなかったとか?

実はニトリってこれ系が案外多いのよね。バスタオルも、買ってから使う前に一度洗ったんだけど、それから1ヶ月くらいはタオル地から毛が抜けたりして、体中毛だらけになったりした。おそらく最後の清掃部分を省略してコストカットしてるのかもしれない。まぁそんなものは自分で出来る話なんで、それほど困ってるわけじゃないけど、これからニトリを使うニトラ-は、ニトリストである俺の言うことを覚えておくが良い。

ま、今は何も考えない。掃除機でスパ!っと抹消だ。

流石に200冊ほど入ってる本棚をそのまま移動はできないので、本は全部だして、キッチンに移動。

食器棚を小物入れとして使ってるので、それは部屋の奥に移動させ、後から徐々に戻す作戦にした。

さて、準備万端。カーペットおいてみる。

ニトリスト

さすがニトリだ。そして、さすがニトリストの俺だ。ピッタリじゃないかこの野郎。

そして徐々に敷いていく感じ。

テレビ台にしてる本棚も、先日100円ショップセリアで買ったバケットで整理したので、中身下ろすのが楽だ。

というわけで、部屋の端まで敷き詰めた。

ニトリマイスター

さて、次は移動させた家具などを元に戻すフェーズ。

デスクの下とかマジできれいになって本当に嬉しいわ。ここ、ホコリが溜まりやすかったんだよね。しかも汁こぼしたりして汚れてたし。

今までデスクの左下にパソコン本体おいてたんだけど、大股開きで作業する俺としては、邪魔でしか無かった。たまに蹴っ飛ばしたりしてた。

今回はデスクの右側に置くことにしたので、足元広々。最高だぜ。

で、なんだかんだで更に20~30分かけて、もとに戻した。

なんというか、買ったばかりのカーペットって独特の匂いするじゃん?事務所みたいな、モデルルームみたいな。

わくわくするねー。

ちなみにこのリフォーム開始する前に、テレビの前にソファがおいてあり、100%物置と化していたのでジモティーで売りさばいた。他にもエルゴヒューマンプロとかいう9万ほどするメッシュチェアも売りさばいた。とにかく部屋を快適にしまくってるよ。

ニトリステッド

で、椅子のキャスターが食い込んで、うまく回らないことが発覚した。しかもカーペットにあとが残りそうで嫌な感じ。

仕方がないので、カーペット用のチェアマットを買ったよ。色々悩んだけど、結局これにした。

高いなーこれ。でもこういうのって安物買うと絶対損する流れだから、このくらいは良しとしよう。

2,000円とかのって絶対に直ぐに使えなくなると思うんだよ。あと、ズレまくったり、細かいところで全然親切設計になってないと思う。

そんなものが届いた日には、電話して1時間説教してしまうのは目に見えている。だから最初から良いモノを買うのが俺の主義だ。

『多少は無理してでもあっちを買っておけばよかったかも』という後悔は人生を乏しくする。

というわけで、チェアマットが届くまでは、椅子より接地面積の広いワンダーコアに座って作業してるよ。これならカーペット、椅子ほど痛まないし。

それまで椅子はテレビの前に。

まるでテレビ用の椅子みたいになった。スツールがオットマン。

チェアマット届いた

これ書いた翌日届いたので早速レビュー。

でかい!!!軽い!!!

レターオープナーで慎重にダンボールを空け、床においてみた。
梱包も丁寧だし、サイズもちょうどいいね。いい感じ。

接地面がずれないように、ある程度の粘着性をもたせているらしい。そのための保護シートが付いてる。
簡単にはがせる。

保護シートのあったほうを下面にし、設置してみた。早速椅子にのってみたら、もう完璧だった。
さすが高いだけのことはある。

本当に、安物買わないで良かった!

俺は、安物買いの銭失いが大嫌いなんだよ。

そうそう、このチェアマット、敷いた後にホコリが入ってるのにきづいたんで、剥がしたんだけど、剥がすっていうより、めくったって感じ?粘着性あるのに全然ベタベタしてないし、そのくせまったくずれない優れもの。何度でもめくれるのがありがたい。

クリアなのでカーペットのデザインもそれほど損なわずに済むし、これは買って正解だったね。快適なPC(ゲーム)ライフが期待できるな。

というわけで、半端モノ買わずに高い方買って大正解!!!