40代おっさん婚活するの巻

うまく行けばめっけもん

あくまで40代のおっさんが婚活する話なので、女性から見たら全く違う印象をウケるかもしれないが、事実に基づいた話なので、そこはいくらかは参考にはなると思う。

全体を通しての共通点は、こんな感じ。

  • サービスサイト
    • 基本的に出会えない(出会えたら奇跡)
    • なんだかんだでどこも20~30代をターゲットにしている
  • 運用会社
    • 婚活してる人たちを見下してる
    • IT、Webをしっかり理解していない
    • えげつなく課金させようと必死になってる
    • どのサポートも日本語で会話ができない低レベル

要するにどの婚活サイトも「ただのクソ」なんだけど、クソにも色々ある。金儲けしか考えてないのはどこもそうだけど、それをどうやって行なってるかも運用会社によって違うし、千差万別だと思う。

婚活サイトはただのクソサイト

俺が気になったのは、婚活は真面目にやった方が絶対に良いとおもって、素直にしっかり頑張ってやったんだけど、運用が鼻で笑いながら適当な対応をすることと、そもそもこいつらクソ運用が他人の婚活なんかに興味が全く無いし、やる気自体がないわけだから、出会える出会いもなくなり、結局出会えないということになる。

ではどうしてでこんなクソサイトがまかり通ってるのか?と思って考えてみた。おそらく何かしらへの誘導だろうな、と。

ランチにワンコインでうまいものを提供しておいて、夜のお高めメニューに誘導するようなもん。

運用会社によっては実際に人を集める婚活パーティを主催してるところが多い。そこでお金をじゃぶじゃぶ使わせて出会わせるという事をメインにしてるんじゃないかと思った。

何しろ俺一人でも作れるこんなインチキSNSサービスなんかで生涯の伴侶を簡単に見つけるなんて、ちょっとイージーすぎるっしょ。

実際に会って、実際に話して、実際に付き合ってみて、それでリアルにお互いを好き会えるんじゃねーの?と。そういう意味ではパーティをメインにしたほうが良いきがするけど、色々事情があるのかね。まずはサイトでバーチャルを経由させる、と。

だから、サービス自体は全体的に高く評価をしないようにしてる。今のところ、ただの凡人が無い知恵絞って考えたであろうこれらの婚活サイトは100純粋にクソサイトだと思うし。

幾つかの事例

実際に登録して課金もしたり試してみた。代表的な婚活サイトをレビューしてみる。

Pairs

運用会社:eureka.inc

項目 内容
対象年齢 10~30代前半
使いやすさ ★☆☆
出会いやすさ ★☆☆
さくら率 ★☆☆
運用の質 ☆☆☆

Facebookのプロフィール機能と連携したマッチングサービスサイト。Facebook経由なのでそれほど悪意のあるような登録者はいない。

しかし出現が早かったせいもあり、細かいところが全く洗練されておらず、メンテナンスが弱点になってる。画面が細長いくせにサイドメニューがあるとか、ちょっとどういう人がレイアウト考えたの?的な、理解不能な部分も多い。PC向けなのかモバイル向けなのかよく分からんアイコンなどを使い、無駄に使い勝手を損なわせている。迷走してる。

出会いに関しては、はっきりいってFacebookを使ってる意識の高い日本人なんか、ただの保身と惰性を隠して見栄でやってるようなもんなので、あまり期待できない。事なかれ主義の行き遅れ女性がこう言った出会い系婚活サイトでほいほい出会いに積極的になるわけがない。つまり、可能性はあるだろうけど期待はできない。

運用に関しては最悪で、良かれと思って不具合を指摘しても絶対に認めず、「お前が悪い!」の一辺倒。過去2回、それぞれ別の内容で問い合わせたが、2回とも超高圧的態度で「表示がおかしいのはお前のスマホがクソだからだろwww 新しいのに買い換えろよwww」「そんなの見ればわかるだろwww」的な事を言われた。運用が腐りきってる。

腐った人間が運用をやっているので、出会える出会えない以前に、気分が悪い。Facebookユーザなら気軽に登録できてしまうが、絶対におすすめしない。

正直いってこんな会社つぶれてしまい、全員露頭に迷ってほしいくらいに腹が立った。

Omiai

運用会社:株式会社ネットマーケティング

項目 内容
対象年齢 オールラウンド
使いやすさ ★★★
出会いやすさ ☆☆☆
さくら率 ★☆☆
運用の質 ★★☆

Facebook連動型。

スマートフォンが大前提なサービス。PCで使うと「タップ」など違和感がある単語が山ほど出て来る。しかしあまりにもシンプル過ぎて、むしろ使いやすい。

プロフィール作成時、職業と業種がごっちゃになってるなど、細かい部分が「なんで?」的な状態になっているが、おそらくわかりにくい部分は全部ごっちゃにまとめて、シンプルにしたような感じがする。例えば設定ページでは友達更新、履歴、条件などの他にも、ヘルプやお問い合わせ、利用規約なんかがいっぺんに確認出来る。これは見方を変えれば便利なのかもしれない。

他のサイトに比べると「いいね」出来る回数が初回130と、2倍ほどなのも興味深い。それからプロフィールや写真の審査が速いのも高評価。

日本人だけではなく外国人もいるので国際結婚も可能。

登録中にもかかわらず6人から足跡が来るほどなかなか激しさがあるが、しばらく立つと全くスルーされるのでそこは極端。そして埋もれて誰からも注目されなくなる。

YouBride

運用会社:Diverse.Inc

項目 内容
対象年齢 オールラウンド
使いやすさ ★★☆
出会いやすさ ★★☆
さくら率 ★☆☆
運用の質 ☆☆☆

運用会社がホモ・レズなどを絶賛肯定する変態集団であることもあり、性差に関しては比較的ゆるい運用をしてる。

サービスとしてのコミュニティレベルはそこそこ高いかもしれないが、それ故に全体的に機能の見せ方が古臭い。今ではレガシーと言っても良いくらいのレベル。

いたるところで女性を検索出来るが、それぞれの検索条件がどう登録されてるのかなどは不明。どうも適当に作った感が否めない。もしくは設計が先走りすぎて誰も理解できないというデスマーチか。

とは言え、比較的出会いやすいのは確か。登録して二週間ほどでメッセージのやり取りなどが発生し、数名の女性とコミュニケーションが取れた。

それまでは大きなトラブルもなく、もしかしたらこのくらいが一番あってるのかもしれないと思った。

ただし、画面で行えるチャットサポート、これは最低のレベルなので本当に要注意。

こちらの質問や疑問には一切返答せず、自分たちの都合で課金させようと必死になるだけなので、チャットサポートは絶対にしない方が良い。本当に「お前、日本人か?」とか「お前、情緒大丈夫か?」と思えるほど、会話が成り立たない。おそらくヒステリーPMS女か、低学歴ゆとりのクズ野郎がサポートを担当してるのかもしれない。

結論と言うと、サポートをつかないのであれば、このサービスは唯一課金しても良いと思った。

ただ、婚活パーティなどでは殆どが20~30代しかサポートしておらず、それ以外の年代を見下してるのは事実。

そういう意味ではLGBT斡旋のホモレズ変態企業であることを意識して使うのが良いかも。こいつらは自分たちを一番大事にしてるマイルドヤンキーな奴らなので。

ブライダルネット

運用会社:株式会社IBJ

項目 内容
対象年齢 オールラウンド
使いやすさ ☆☆☆
出会いやすさ ☆☆☆
さくら率 ★★☆
運用の質 ☆☆☆

こちらもFacebook連動型。メールアドレス単体でも登録可能。

婚活に関してはプロフェッショナル集団なのかもしれないが、Webに関してのド素人具合が辟易するくらいレベルが低い。

常にログアウトするので毎回ログインする必要があったり、あとはマネタイズが全くIT向けになってない。有料会員じゃなければ写真はぼやけて見れないとか、それは制限という名の嫌がらせでしかない。それから有料会員になるまでずーっと表示される嫌がらせ級のポップアップなど、とにかく脳筋クソ営業が0.2秒で思いつく程度の低レベルのギミックが満載で、本当に使いにくい。1990年代?と思うような仕組みを最近のモダンな見た目でごまかしてる感じ。使いにくさが半端ない。

ログインすると、以下の3つからサービスを選べる。

  • ブライダルネット
  • Rush
  • PARTY☆PARTY

それぞれが何のためにあるサービスなのかの説明は一切なし。よく分からん。脳筋すぎる。

そしてなぜかその下にプロフィール設定とは別に、仕事や価値観の登録への訴求がある。個々にあるのはなぜ?

さらに、ブライダルネットをクリックすると、プロフィール入力になる。意味がわからない。すでに登録したのになぜ?

各設定ページも、更新ボタンを押しても遷移せず、そのくせナビゲーションもない。意味がわからない。

ボタンの下に画像があり、どっちもクリック出来るとか、本当に脳筋はITをやるなと言いたくなるレベル。迷惑すぎる。

メインの画面になると、ぼやけて見れない写真とイラストの2つで埋め尽くされた女性一覧が表示される。この時点でうんざり。

そして左側には「石原さとみ似の女性が合コン相手を探しています!」などと、オッサンにはまるで効果のないアジテーションをしてくるえげつなさ。

愛誠会病院の旧サイトを思い出すようなごちゃごちゃしすぎてるレイアウト。Webをわかってないにも程がある。

出会いとかいう以前の問題。おすすめしない。

ゼクシィ縁結び

運用会社:リクルート マーケティングパートナーズ

項目 内容
対象年齢 10~20代
使いやすさ ★☆☆
出会いやすさ ☆☆☆
さくら率 ★★★
運用の質 ★☆☆

登録すると幾つかの質問に答えることになり、結果から以下のようなキャッチフレーズが自動で付与される。

  • 皆に慕われる理想の先輩タイプ
  • 芯の強い人情家タイプ
  • 自由気ままマイペースタイプ
  • 熱血!キャプテンタイプ
  • いつも冷静な理論派タイプ
  • 堅実な安定志向タイプ
  • 思い立ったら即行動!即断即決タイプ
  • 明るく社交的な楽天化タイプ
  • 愛されマスコットタイプ
  • 他人思いの優しさ満点タイプ
  • 素直な甘えん坊タイプ
  • その他

中にはよくわからないものも幾つかあり、むしろこのキャッチフレーズが付くことによって、どういう人なのかより一層わからなくなる。

これらは『価値観』というステータスになるらしく、この価値観マッチで理想の相手を見つける仕組みもあるが、そもそもアルゴリズムが不明なので、何を基準にマッチしたのかはよくわからない。おそらく案外適当に作ってる気がする。

全体的にシンプルにまとまってる感じがあるが、実は検索と価値観の2個だけで、あとは手抜きなのではないかと思う。リクルート社の中の人間だけが『ちゃんと作った』と思ってるだけで、使ってると徐々にクソみたいなサービスって思えてくる。

インタフェースもわかりにくい。検索を細かく指定したいのに、ナビには存在しない。よく見るとページ右上にグレーの薄い文字で『絞り込み条件:ON』などと、ステータスを表してる部分がクリッカブルになっていて、そこからできるらしい。これもゆでガエル。作った奴らが自分らだけ楽しんでる感じがして非常に感じが悪い。

使う側に検索させようとするより、かっこいいページ作ったからみんな見てね!感が強い。視野の狭い自称イケてるモダンなWebデザイナががデザインした、と言うとしっくり来るかも。

表示される女性はほとんど若い人で、例えるなら、Fecabookで年齢に合わせて表示されるプチアダルト広告みたいな、無駄に可愛く映った写真などが大量に表示されるので注意。写真は当然プロに加工されているのと、実際には婚活しておらずさくらとして登録されてる女性が多くいるような感じが否めない。

若い女が”年収2000万以上でイケメンで背が高くて性格よくて優し人”的な甘い夢を見て登録してるような感じがする。完全に若者向け。というより運用が20代をメインにしてるんじゃないかと思う。30代以上は使わないほうが無難。

結論

婚活は面倒くさい。俺には向いてない。
今まで生きてきて、気に入った女がいればその場でくどく。そうやって付き合ってきた。流石に30歳でナンパも辞めたし、今ではおとなしくしてるけどね。慎重になったと言いうほうが良いか。

好きでもない女性からのメッセージにいちいち返答しなくちゃいけないとか面倒だろ。はじめましての挨拶が終わったらもう、実際に待ち合わせて、直接話したほうが良いじゃねーかボケナスめ。なに無駄なやり取りとか駆け引き始めてるんだよ腐れマンコが。俺みたいなおっさんに駆け引きするとか、ただのバカだぞ。

で、面倒くさいのは面倒くさいんだけど、婚活サイトで数百名の女性のプロフィールから彼女らの主張を見てきたわけで、世の中には本当に 白馬に乗った王子様が現れると信じてるバカ女が思いの外大量に棲息してる んだなってことがわかっただけでも得なのかな。

現実を知らんから婚活サイトに頼るハメになる。そしてそこでも夢を主張して誰からも相手にされず、ブチ切れて『来月で退会します!』とかアピールするんだよ。お前なんか寂しさ紛らわす為に飼い始めたオス犬と結婚してリアルオーメンでも再現してくれよ。

というわけで、あんまり婚活サイトは使わないほうが良いと思う。マジで。
そんなことよりどこぞのSNSのコミュニティに参加してオフ会行きまくったほうがよい。