DIY – スマートフォン故障して絶望!から復活

前回スマートフォンのバッテリーが充電できなくなった問題を解決した後、実はとんでもないことが起きていたのです。

前回のおさらい

充電できない原因は、充電につかうUSBポートの受け口が壊れたからでした。これって結構やばい作りしていて、ドーターボードじゃなくてマザーボードに直接はんだ付けされてたんですよね。で、抜き差ししているとハンダ部分がだんだん破損してきて、最終的にUSBケーブル指しても認識しなくなるという。

だからケーブル指した後にぐりぐり動かして、ディスプレイのバッテリーHUDが充電中になるまでこねくり回していたのです。そりゃ壊れるわ。最終的には本体からバッテリー取り出して、マルチチャージャーで朝まで充電して使っていました。

でね、バッテリーって蓋を外さないと取り出せないので、毎晩蓋をスリットに工具いれて外してたんですが、そんなこと毎日繰り返していると、別の故障も起きるんですよ。はい。起きました。無事に起きたのです。

今回の悲劇

何の故障が起きたのかというと、なんとスワイプができなくなったという致命的な現象です。

バッテリー満タン!電源もちゃんと動く!さて、スワイプしてアプリを起動しようか!というときに、何をやってもうんともすんともいわないのです。

最初の頃は、スワイプ中に指を離してないにも関わらず、スワイプが解除されてしまう程度の症状でしたが、何度もやってるうちに全く反応しなくなりました。

もうこんなクソデバイスは捨ててしまおうかと思いました。別にスマートフォンにそれほど依存してる生活してないですし。

全人類の9割がスマートフォン依存症という可哀想過ぎるビョーキ持ちです。一歩外に出ると、9割の人間がスマートフォンだけをみて動いています。電車内、コンビニ、職場、エレベータ、エスカレータ、とにかくゴミクズが多すぎます。自分もそういう、明らかに退化したゴミクズ人間に関わることはしたくないです。本当に。だからスマートフォン処分してしまおうかと思いました。

スワイプできないとかってなんだかすごいよなって思いましたし、そんなポンコツいらねぇわ!的な感じがしていました。

これって言うなれば、 絶対に蓋が開かない冷蔵庫 と同じですね。中身取り出せないし。

Googleのクソスマホ

さて、実はこの話、2019年の話です。そして実家や同僚、間違い電話なんかがかかってくることもあると思ったので、電話はつかえたほうが良いよなと思い、一応直ぐに新しいスマートフォンは買ってあります。

Google Pixel 3a XLです。

ちょうどPixel 4が出たときでした。3a、3a XLはGoogleの販売サイトで2回ほど値引きしてました。2回めは3万ほど安くなってたので、そのタイミングで購入しました。3aではなく3a XLですので、サイズがでかい方です。

なぜみんなが手にしてる3aではなく、わざわざセールを待たないといけないくらいに無駄に高い3a XLを選んだかというと、3aは みんなが使ってるから です。 みんなが使っているものは嫌い です。なぜならおっちゃんはみんなではないからです。

それから3aも3a XLも、なぜかホワイトがおかしな事になっています。まるで義務教育受けてないバカが考えたような配色になっています。

はっきりいって 便器の色にしか見えません し、なぜかそんな便器カラーなのに、 疲れ切ったサラリーマンの小便のような色 した黄色いボタンがついています。

この画像はGIGAZINEに掲載されていた画像だ。もちろん無許可だ。

完全に脳みそスポンジ状態になった虫けら以下のドクズが考えた配色です。買う人もちょっと無頓着すぎると思います。買ってはいけない色です。

おっちゃんとしては、触るたびにその場でカジュアルにゲロ吐きたくなるような色なんか無理にきまっていますので、3a XLは黒を買いました。

3日位で届いたので助かりました。男は黙って黒いXLでしょ!と思いました。

アクセサリは以下を購入しました。

ガラスなので乗っけるだけで装着できます。風呂場ではらないとホコリ入っちゃうようなペラペラのシートは嫌いです。

知人がこれの3a用を使っていたのですが、めちゃめちゃ格好良いとおもったので、XL版を買いました。

大きな問題が勃発

さて、新しいスマートフォンも買ったし、これでまたあのスマートフォン持ってるけど1日1時間くらいしか画面見てない生活に戻れました。

と思っていたら、とある事に気づきました。

二要素認証で使うGoogle認証アプリが使えないじゃないか!

と。そうです、スマートフォンを買い替えたりして別の機種になった場合、Google認証アプリをインストールしてGoogleアカウントでログインしたとしても、全くの新規扱いになってしまうのです。

Googleがバカ何だともいます。いくらなんでもそれは全くもって救済の措置がないじゃないですか。そこまでガチガチにする意味あるの?とおもいます。さすがバカしかいないGoogleです。人間として絶対に必要な直感とか感想なんかを予め大否定して、自分の趣味を必死になって論理的に説明したがる理系のクズ。そんなのが大集合した企業がGoogleです。当然人間の気持ちなんか理解できるスペックを持ち合わせていません。さんすう的に正しければそれに従うべきだという1ミクロン程度の視野しか持っていない、人間の出来損ない集団です。

というわけで、何十人も仲間がいたDiscordも、仮想通貨で使っていたZaifも、その他のサービスサイトなどなど、合計して6個ほどがすでにログインがタイムアウトしてログアウト状態だったので、再ログインができなくなりました。

当然メールアドレス、パスワードは問題ないんですが、二要素認証で使うコードは、スワイプできなくなったスマートフォンにインストールされているGoogle認証アプリでしか確認できないのです。買い替えたら移行しろよって思いました。

どうでもいいけど未だに二段階認証と二要素認証を同じだと思ってるクソが多いですね。いろいろなサイトででも、二要素認証を「二段階認証」って書いてしまっています。明らかに思考停止のミジンコレベルの愚者です。二段階認証なんか全く意味がないので、二要素認証ならわかるけど、なんでわざわざ二要素認証を実装しておいて、無駄な二段階認証とかって言葉で説明するのでしょうか。ネズミに足元から喰われて絶命すればいいじゃないですかね。ほんと。

問題と解決は関係ない

別にすべての問題を解決する必要はないと思います。問題を問題として示唆する段階にとどめておくというのも乙なものですし、問題は解決しなければならないというアホな妄想に取り憑かれたクソキチガイにたいしてイライラさせる効果もあります。

ですが、今回はどうにかして解決しなくてはいけないタイプの問題です。

Discordの運用と何度もやり取りした結果、新しいアカウントを作り直すしか無いと言われ、そんなクソみたいなアドバイスはお前が喰え!って思いましたが、すべての人間は自分が可愛いだけで、自分たちを守るために作った機能を「ユーザのため」として実装しています。完全に脳みそ腐ってる不要なタイプの人間だと思いました。しかし残念ながら、これが現実なのです。

おっちゃんの様な破壊的な自由主義の人間は我慢しなければなりません。そうです、蛆虫みたいなクソ虫に合わせないといけないのです。

よしきた!理解!!

やるなら徹底してやろうじゃないか。お金の力でガンガンやってやるぜ!というわけで、修理することにしました。

メルってカリろ

おっちゃんの大嫌いな人間のタイプは、浅ましい人間、卑怯なことをする人間です。両者とも 生まれる前に死ね って思います。

メルカリとかいう脳に障害がある人が好んで使うオークションサービスがあります。誰が作ったのかなんか知りませんし興味もありません。

そこには「いくらまで値引きしてもらえますか?」なんて浅ましいことを平気でポストする汚物が大量に湧いています。火炎を放射して消毒したいですね。

おっちゃんは昔から、「欲しい物なんかすぐ買えばいいじゃねぇか!」ってタイプです。1円でも安く買いたいっていう思想は、お金とは別の大事なものを大量に失ってることに気づいてない証拠です。

で、おっちゃんの壊れたスマートフォンと同じタイプを値段交渉なんかせずに即ゲットしました。当然「値引きお願いします!」なんてコメントが数人からポストされていましたが、そんなバカな事してる間に、おっちゃんに買われてしまうのです。愚かにもほどがあります。さすがメルっててカリってるナニゲですね。

俺たちのあすか修繕堂

そしてYouTubeでも超有名で、全国から修理の弟子入りが殺到しているという噂の神がかった修理屋、あすか修繕堂にお願いしたのです。

実はここまで事をすすめるのに3ヶ月半かかってます。本当は直ぐにやれば良かったんですが、ゲームしたりカレー食べたりで忙しかったのです。

ようやく発送するところまで進められて一安心しました。

そしてとうとう、送ったスマートフォン2個が戻ってきたのです。発送から4日ほど!すごい!!(本当は宅配業者の不在票が届いていて日付ずらしたので3日だったはず)。

100円ショップで買った断衝剤でぐるぐる巻にした2つのスマートフォンを紙袋にいれて送ったのに、立派なダンボールに入って返ってきました。さすが俺たちのあすか修繕堂!!!

そしてなんということでしょう!匠の技で、一つひとつがインディビジュアルに箱に入っていたのです!!

そしてご覧なさい!更に断衝剤で巻かれているという丁寧さ!中には手書きのメモまで垣間見ることができる!!さすが俺たちのあすか修繕堂!!!そこにしびれる憧れる!!!

信じられないことに更に丁寧にビニルに梱包されていました!!この世界に存在するすべてのデバイスへの愛を感じました。

この世にあすが修繕堂がある限り、僕たちの戦いは常に勝利に導かれるであろう!!!

あっさり塩味

バッテリーはほとんど残っていませんでしたが、全く問題なく起動し、全く問題なくスワイプでき、全く問題なくGoogleクソ認証アプリが起動しました!!!

わっしょいんぬー!!!

Googleアカウントの罠

そして無事にGoogkeクソ認証アプリでDiscordにログインしてみたけど、なぜかコードが弾かれてしまうのです。

ふんす!

しかしよく見てみると、なんと修理されたスマートフォンでGoogleへログインしていませんでした。Googleアカウントでログイン後、Googleクソ認証アプリのコードを入力したら、正しく認識されました。

まぁこれはよく考えなくてもそうあるべきだよなって思ったので問題無いです。ただ、一瞬焦るよな、というシチュエーションを垣間見た感じでした。とりあえずGoogle全員死刑にて。

おわり

Googleは人類の敵。