サムライ英語 – 危険!続・CAMBLYに手を出すな!

さて、CAMBLYから返事来ましたよ。例によってバカっぽい対応されました。

よくあるサポートのバカ対応

  1. 長期間放置する
  2. 突然返信してくる
    • 内容は「社内で検討していましたため返事が遅れました」的な奴

だったら事前に「この件につきまして社内で会議を行い、本社からも情報を集めるので、お返事は今しばらくお待ち下さい」の一言が必要ですわよ奥さん。

これファミレスとかコンビニとかの若手の ゆとり店員がよくやります ね。

おっちゃん「○○って商品、扱ってますか?」
ゆとり店員「・・・・」→ 突然いなくなる
おっちゃん「?」

仕方がないので自分で探し出そうと試みるわけです。

そしたら突然眼の前に現れるんですよね、この手のタイプのゆとりって。

ゆとり店員「ちと扱ってないって言われました。」
おっちゃん「・・・・・・・あそ。無いならしょうがないね。」
ゆとり店員「・・・」

もういいからあっち行けよって感じ。

ゆとりはバカ です。そしておっちゃんはバカが嫌いです。てめぇの脳内だけにしか無い情報を一切外に出さないタイプのバカです。自分一人で生きていくならそれでもいいでしょうけど、別にここは無人島でもないし、そもそもコイツラ精神虚弱なゆとりって仲間がいないと生きていけないわけでしょ?だったら他人と会話できない時点で生きてる意味がありませんから、迷惑なんで他の惑星にでも移住してもらいたいと思います。

そしてこういった「せっかく生まれて来たのに育ち方間違ったせいで人類として不要な生き物」になってしまったゆとりの見分け方は簡単です。必ず「ちと」という意味不明なセリフが発言のいたるところに登場します。もし「ちと」を多用するようなタイプの人間だったら注意してください。自分だけが損して泣き寝入りするようなケースが多発しますので。

で、こういうのって最初に言えばいいことを言わないからだめなんですよ。
無言で去らずに「今調べますので少々お待ち下さい」とか言えば良い話です。

で、CAMBLYですよ。はい。

CAMBLYもなんだかもすごくゆとり臭がします。更に余計な話ですが、もしかしたらおっちゃんを待たせてる間、実はなーんにもやってなかったって可能性もありますよね。 24時間受け付けていますとか豪語 しておきながら、返事は翌日とかとかとか。

自分らで「日割りで返金する」って言ったのに返答が長時間放置されたり日をまたぐってどういうこと? みたいな感じです。

もしかしたらですが、おっちゃんみたいにしつこいタイプ(全部の質問に答えれくれればすぐにでもやり取り終わらせるんだけど、何故か答えてくれない事が多いからしつこく迫ることになる)と思われる人からのクレームには、「これもう手に負えないから上司の○○さんに投げよう」「上司の○○さん、○日まで休みかー。メールだけしておくか」的な感じの可能性もある。だとしたら完全にゆとりですわよ。

銀行員にもすごく多いんですよね、このタイプ。待たせるなら「これから○○しますので少しお待ち下さい」とかって絶対に必要なんですよ。勝手に自分らでトラブってあたふたしてるとか、そんなん好きにすればいいですけど、客を待たせるのは勘弁ですね。待たせるなら予め説明が必須です。これ当たり前ですから。

グチグチ書きましたが、一言で言うなら、 ゆとり迷惑 ってことです。はい。単純ですね。

反省と謝罪じみたメール

で、こちらから出した質問は、「たった一週間使わなかっただけで30分使える分の料金が無駄になるのって法的に問題ないの?」というものでした。

返事の内容は3つに分かれていました。

  1. 最初にサポートした対応がまずかったのでごめんなさい
  2. 料金に関しては法的には問題ないけどわかりにくかったのでごめんなさい
  3. 指摘ありがとうございました+勉強になりました

と。

最初のサポート担当の女は本当に最悪でしたね。突然返事が来なくなって意味がわかりませんでした。

あとで落ち着いてメールの流れを追って読み返してみても、こちらに落ち度は全く見つけられず、何度も同じ質問してるにもかかわらず、サポート女は全く的を得ない回答をするか、無駄なアドバイスしかしてないのです。そして最後におっちゃんを徹底的に無視ですよ。無視って、良い大人が気に入らないからかどうか知らんが客を無視とかありえないでしょ!? この女が確実にバカという証拠はこれですね。社会人としてありえない 客を無視する という決め込みをやらかしたのです。

UIがわかりにくいのはもう彼らは認めたようです。ただ、CAMBLYは アメリカ本社で予め脳みそ腐ってウジでも湧いていそうなバカ外人が作ってるサイト ですので、まともなUIが作れるわけがありません。ただでさえバカUIしか作れないバカ外人なのに、実はCAMBLYはそれを上回るバカ要素があります。 偉い奴らが元Google社員 ってところです。

アメリカのテレビドラマシリーズみたいに「あぁ~」っていうおばさん集団の声が聞こえてきそうな感じですね。

もうGoogleって時点で人間として救いようがありません。

普通人間向けのWebサービスというものは、サービスを設計した後に機能を洗い出し、それに合わせてUIを設計しますが、コイツラは生まれる前からバカなので、サービス層を100%無視します。そして機能をただ縦割りにした状態でそのままUIを当てはめて作って行くのです。だから 最初から全貌を理解してる人しか使い方がわからないWebサイトが出来上がる んです。 こういう事するやつは脳みそが揚げ豆腐みたいに香ばしくなっているのでしょう。普通に考えてまずこんなことする人間がいるとは思えませんが、実際IT業界では存在自体が虚無のようなどうでも良いクソゴミクズが偉そうな立場に立ってることが多く、たいていバカUIを設計させています。

で、そんなCAMBLYのUIが史上類を見ないほど使いにくいとしても、彼らCAMBLY日本スタッフがどうのこうのできるとは思いません(そういうのってAmazonが証明しています。開き直って「こちらとしては対応いたしかねます!」なんて語尾を力いっぱい発声する方向性での開き直ります。だって仙台にいるAmazonサポートがAmazonのサイト作ってるわけでも何でも無いですから、関係ないのにUIとかのことでブチブチ文句いわれると、やり場の無いストレスとか一般人の100万倍ほど溜め込んでるんじゃないでしょうかね。サポートが本社と分離してるというバカなことしてる企業に多く見られる、みんなバカになる劇場が開幕中って感じです)。

サブスクリプションに関して

で、「 こちらとしてはちゃんと説明していたつもりだが、わかりにくかったことを認めます 」的な内容だったので、まぁこの点は良いとしましょう。できれば 最初に対応したYという女にはこっぴどく説教をして、全裸でスラム街に放置するくらいのバツを与えてほしい です。

顔写真がバカ女子大生っぽかったので、どうせアメリカ人のフニャチンデカマラが好きで英語勉強したとかその程度だろ?って思います。おっちゃんは人類を救うために英語を勉強するし習得する必要性を感じています。もう人間の質が違いすぎます。地球規模で英語を考えているのです。

で、2つ目の料金に関しては、いくつか おっちゃんの勘違いもあった可能性 が出てきました。おっちゃんは乱暴狼藉や謀反を起こすのが大好きな、400年前なら武将になっているレベルの面倒臭さを持ち合わせている奇妙かつ貴重な存在ではありますが、案外中身は冷静だったりしますので、自分が悪いと思った部分はたとえ喧嘩中で大激怒してたとしても、ちゃんと謝ります。それができるんです。昔から。

多分おっちゃんみたいなのが本当の大人なんでしょうね。ミスを認めるって大事ですよ。たとえ脂汗かいて10秒後に胃炎になる大失態レベルだとしても、いうべきことはいうべきです。理由は、 言うべきだから です。

むしろそれができないやつはゲジゲジより価値がないので自決されたほうが良いですよ。そんな民度の低い人間は同じ生物と見られたくありませんから、おっちゃんに対して生きてるだけで迷惑かけています。年内に死んでくださいな。その前に、おっちゃんの代わりにゲジゲジに謝っておいてください。

で、で、で、CAMBLYサポートからのメールには

サブスクリプションだから、翌週になったら使ってなくても消滅します って書いてありました。

「ん?なにそれ?」が、おっちゃんの素直な感想です。

おっちゃんの想定だと、サブスクリプションってのは 定額でお金を払って、お金に見合うサービスを受けられるタイプの課金方式 だと思ってるんだけど、どうも若干ニュアンスが違うらしいです。

いろいろ調べた結果、以下のことがわかりました。

  • サブスクリプションはサービス内容や個数ではなく 期間で課金する もの
  • その 期間内でのみ サービスや商品を得られる

つまり、おっちゃんはCAMBLYの分数を、よくあるポイントみたいに捉えていた可能性があります。だからいきなり 溜まったポイントが翌週で全部消え失せて「なにこれ?」ってなった 可能性があります。怒りすぎて具体的な細かい理由は忘れました。

ナシだろ!

でも、でもでも、それでも、でも、絶対おかしいと思います。

CAMBLYがおかしいのは、課金することで一定期間内のみサービスを受けられるサブスクリプション方式の課金と、残ポイントや残レッスン数がものを言うオンライン英会話を組み合わせたこと が非常に迷惑だと思いました。

おそらくここCAMBLYが画期的とか、勢いがあるおすすめオンライン英会話などと言われてるゆえんの一つでしょうが、これって明らかにCAMBLYしか得しませんよね。ただのヤクザです。

  • ユーザが支払ったお金の何割かが講師に支払われ残りがCAMBLYの儲けになる
  • ユーザが支払ったけど消費されなかった分はまるごとCAMBLYが儲かる

別に儲けるのは良いですよ。企業ですから。でもこれ別に日本の企業じゃないからCAMBLYが儲けたところで日本の経済への貢献にもなってないし、そもそもこういうサブスクリプション系と英会話を組み合わせるのって、自分らで画期的と思うならなおさら大体的にでっかく明示しないとだめでしょ!って思うのですよ。

それにサービス提供できてないのにお金取るって、無限連鎖禁止法で有名な情報商材における、物理的商材が無くお金だけ集めるタイプのパー券詐欺みたいなやつじゃないですか。

サブスクリプション自体を法律で禁止にしてほしいとか思いますね。どう考えても卑怯なだけなので。

アリだろ!

さらに踏み込んで、サブスクリプションとオンライン英会話を組み合わせたCAMBLYはアリだと過程しましょう。つまり ここで一旦CAMBLYの課金方式を素直に認めてみる ってことです。

社会不適応者の集まりである英会話界隈の人たち が、真面目に英語を修行しようと思っている人間に対して まともなアドバイスやサービスを提供できるとは思えません が、実際には運用が直接ユーザに対応するってことは稀だと思います。まさに今回のおっちゃんとサポートの一連の流れみたいなのは特別だと思います。

通常ですと、教師経験があるのでオンライン英会話で講師してみたいって人だったり、他人に英語を教えるのが得意だったりする人、つまり一般の感覚を持った人が講師となり、ユーザとオンラインで英会話をします。

つまり講師とユーザがコミュニケーション取ることがメインであり、運用とユーザが直接関わることって殆ど無いはずです。そういう意味でも本来運用ってのは、実は大して仕事量を必要としていません(大変なのは経理がお金の流れ把握するとか、そういった経営管理的なもです。運用はド素人でもできるんです。そう、社会不適応者でもね)。

だけど社会不適応者だからこそ、普通の一般的な思想を持ち合わせているユーザの 困っている事に対してまともな対応ができない わけです。そんな民度の低さで迷惑をかけておいて、サブスクリプションでがっぽり儲けてるって考えると、認めたくても抵抗生まれますよね。普通に。

そこで、社会不適応者だからこそ、こういうこずるいヤクザなド外道な方法でしかお金チャリンチャリン言わすことができないし、食い扶持もなくなってしまうような 程度の低い可愛そうなゴミクズ人間達 って思うことにしました。

そう思うと、1レッスン30分1,000円程度ですが、 ゴミクズたちのエサ代としてはアリ っちゃアリかもしれません。

本当はぶち殺したいですけどね。人の稼いだお金を勝手に騙して盗むような激烈卑怯な儲け方なので。

媚びを売る高圧的態度

メールの中で未だに理解できないというか、なんでそんな事するんだ?というのが以下の一文です。

この度、既にご解約、返金処理は行わせていただきましたが、もしよろしければ是非ご利用いただくはずだったレッスンだけでも受講いただければと思い、サブスクリプションを延長し5月29日までご利用いただけるようにさせていただきました。よろしければご利用ください。

これさ、

誰が延長してくれって頼んだ?

バカサポートはたいていこういう勝手なことして自己満足に浸るやつが多すぎる!!!!

こういう事勝手にするサポート多すぎですよ、世の中。

本当に、ほんとうに!ほんとーーーーーに! 誠意を理解できないバカサポート です。 ただのアスペルガー症候群発動させた民度の低いクソゴミクズな腐れウジ虫の下衆野郎じゃないですか。こいつが頼んだカレーライスのルーを炭疽菌入のゲリ便にすり替えてやりたくなりますわよ奥さん。

これってただ、自分が「僕はしっかりサポートしてあげた!すごい僕!これならこのうるさいジジイも納得だろ!はははは!」とか思ってるかもしれないわけでしょ?平たく言えば。そもそも頼んでもいないことを勝手に無断で無許可に無節操にやらかしておいて「やってやった」みたいな態度取られても、こっちには全く誠意は伝わってこないし、そんな程度の低い媚に釣られるほど人間できなくもないわけですよ。馬鹿にするなって話です。

そもそも解約したのにこの期に及んでなぜ延長するんだ?

全く理解できません。

媚を売る方向性のただの自己満足でしょこれ。おっちゃんを怒らせるだけのクソ対応ですよ。もう少なくとも今はCAMBLYを使いたくないって思っていることが全くわかってない。使いたくないから解約したのに、なんで使わせようとするんだろ?嫌がらせ以外のなにものでもないです。

いいか、よく聞け!!!!
  • トラブル対応というものは、トラブルに真っ向から向かい合い、理路整然と一つずつ解決していくのが当然の解決策
  • 客に不快な思いをさせた分、可能な限り相手の気分が戻るまで、現状を回復させようと努力する行為が誠意

なんだよ!

だから

一生懸命顔を赤らめて謝罪なんかしなくていいし、それは100%誠意でもなんでもない、ただのごまかし でしかない。

それ以外の方法って必ず相手を怒らせたりしてもっとトラブルが大きくなるんだよ。くだらない策で相手をごまかして勝手に自己都合でトラブル対策が終わったふりをするとかただのクズでしか無い!!ごまかすなボケ!!!

(;´Д`)ハァハァ

それを知らないのにサポートしてるとか、むしろもう人間やめてほしいです。

怒りが収まらぬるを

そしてトドメがこれですよ。

この度は、私共に改めて学ぶ機会をいただき、ありがとうございました。

おっちゃんのクレームは教材か?お前ら社会不適応者のための何かのサンプルか?それにこれはお前らCAMBLYの人間が特をしただけで、こっちのトラブル何も解決してないことを留めさしてるようにしか見えないぞ?

  • あんたは残念だったね~
  • 俺たちはあんたとのやり取りでサポート向上のためのヒントみつけたもんねー

ってことだろ?ふざけるなよなーって思いますわ。

メールを書いた時間分、金にしたらCAMBLYの単価超えるぞ?請求するわけじゃないけど、そのくらい想定してから物を言えってんだ。

ケンカしたことも無いようなクソキモゆとりバカクズ野郎だから、相手の気持ちわからんだろうな。ケンカすごく大事なんですよ。相手の気持ち一発でわかるんで。

というわけで、謝罪なんか一回でいいから、とにかく 誠意を見せろや

弁護士へ予約する流れ

どうしても許せない部分があるので、その部分は消費者センターに連絡し、いろいろ話を聞いてもらっったんですよ。

消費者センターの人は慣れたもんで「あぁ、いつものパターンか」みたいな感じだったんですが、おっちゃんが消費者センターの人のアドバイスに対して「実はそれはわかっていて、なんで相談したかというと、一般的に○○だとおもうところが実は○○だったりして、こちらとこちらが矛盾していて、よくある想定とは違うと思うんですよね。こういった事例とかありますかね?」って確認したところ、流石に日本国内で運用しているアメリカのサービスでオンライン英会話だしサブスクリプションだからややこしかったのか、弁護士と相談するように勧めてきました。

というわけで、近々弁護士と相談してみます。

とはいえ、 別にCAMBLYに対して訴訟起こすとかっていう感じじゃない です。あくまでこういうケースはどういう解決法があるのかを聞いてみたいだけです。絶対にしないとは限りませんが、勝ち目がなければやりません。そもそも事を荒げようとは思いませんしね。実際CAMBLY使ってる人も大勢いると思うし。

それに、だいたい社会不適応者に社会的対応をしたところで無意味ですし、社会的制裁すると即死してしまいそうでもありますからね。こいつらただの可愛そうなゴミクズ共ですので。

弁護士に相談したらまた記事書きます。