World Of Tanks – 倒しまくった

World Of Tanksとは

戦車を操縦して敵を全滅させる、陣地を一定時間占拠する、というゲーム。3DCG。通称WoT。

ミリタリーものって特に興味無かったというか、むしろ嫌いなジャンルではあったんだけど、同僚に勧められて始めて見たら、何この面白さ! って感じでハマりまくった次第。

戦車自体は歴史に登場する実際に存在した戦車が登場するみたい。そして日本、ドイツ、ロシア、アメリカなど、国によって戦車も全然性能とか違ってくる。
戦車は大きく3つに分かれてて、普通の戦車、駆逐戦車、自走砲。普通の戦車は軽車両、中車両、重車両の3つあるので、全部で5種類だ。それぞれ特徴がある。

ものすごく細かく作られていて、例えば曲がり角で待ち構えていたら敵から砲撃を食らった、なんてときも、斜め45度だと跳弾してダメージほとんど無し、とか、履帯(キャタピラ)がやられたらしばらく動けなくなるとか、とにかくここまでやるかとリアルに作られてる。もちろん搭乗してる乗組員が負傷することもあるので、無選手がやられると敵が見える範囲が極端に狭まったりする。リアルすぎてこれ、そのままVRとかMRに持ってこれるんじゃないかと。

どんなふうにプレイしているか

俺は基本的にあんまり人と争うのはすきじゃないというか、性格的に他人に興味がないことが多いので、例えば流行ってるカードゲームとか、あれ系の一対一でプレイするやり取りが、すごく面倒だと思うので、楽しみが理解できないでいる。直接ぶっ飛ばしたほうが早いじゃん、ていう野蛮な意味で。

でもWoTは20vs20とかで戦ったりするし、あんまりバーサスっぽさがないので楽しいのかも。
あと、負けたらちょっと悔しかったりするので、多分好きなんだろうね、戦車が。

shot_002

で、俺のお気にいりは自走砲。めちゃめちゃ遠くから空に向かって発砲し、着地点にいる敵戦車を爆破するという、Skyrimでスニーク弓矢にハマった俺からしたら、マジでこういうの楽しいよなーって思っちゃう。

自走砲の特徴は、

  • めっちゃめちゃ走行が遅い
  • 砲台と車体が分離してないので、向いてる方向にしか弾を打てない
  • 一撃が半端無く威力でかい

て感じ。つまり隠れてなんぼ。だからとにかくスタート時は木を倒したりして茂みを作り、そこに隠れて狙撃する感じ。

このゲームは無料でプレイできるんだけど、課金すると特別なアイテムが買える。迷彩塗装(砂漠、雪原、森林)などがあるので、雪のある戦場では雪原塗装、砂漠では砂漠塗装になり、敵から発見されにくくなるという仕組み。

このサムネイルの自走砲はお気にいりで、3種類全部買ってある。だから敵もなかなか俺を見つけられないことがある(搭載されている無線機の性能が悪いと、近くにいても発見できないとかってリアルさもあるんだよね)。

基本がこの自走砲で、あとはゲーム中いちばん足の早い軽車両、そこそこ早い中車両の、3台の戦車を使ってるんだ。

で、実は駆逐戦車と重車両は持ってない。駆逐戦車は何度か使ったんだけど、どうも砲台が回転しなかったりするので、敵を正面に捉える必要がある。その間に食らってやられてしまったりするので、俺には合ってない気がする。

重車両はうっかりしてて、今使ってる戦車からだとアップグレードできないことが分かったので、急遽重車両にアップグレードできる軽車両を購入し、今鍛えてるところ。

本日の戦果

USB型のBluetoothレシーバと、Bluetoothヘッドフォンを買って届いたので、早速使ってみた。
ものが新しいから嬉しかったのか、何だかわからんけど勝ちまくった。
チームとして敗北してても、敵をたくさん倒したりすればポイントがたくさん付くんだよね。

shot_008
shot_009
shot_010

気分が良いと勝つこと多いのかな。

ちなみにWoTプレイしはじめたころ、奇跡の5台破壊ってのをやったことがある。これ、自分でもめちゃめちゃ興奮した。

距離が開きすぎてたり近くに味方がいないと、敵の位置がわからない仕組みなんだよね、このゲーム。

敵をスコープで追いかけてる最中に見失ったので、予測を立てて砲撃したら見事ヒットして、本当に気持ちよかった。

その他

World Of Tanks以外にも、戦闘機や軍艦のゲームもあるので、戦争反対でもやってみるといいよ。

http://asia.wargaming.net/