World Of Tanks – ドイツ弱い(確定)

どう考えてもドイツ弱い

俺が使ってる戦車はドイツなんだけど、今回のアップデートで、なぜか全く勝てなくなった。大破されまくり。

shot_071
ショボーン。

試しに課金してみて隠匿性上げたり、金の力で無理やり砲台とかベース部分をアップグレードしてみた。

速度も早くなったし操作性もかなり良くなったし、威力も上がった。

それでも何故か、勝率がアップデート前より半分以下。

shot_072
あぼーーーん。

基本的にこれはおかしい。
意図的なものを感じる。

というわけで、開発会社ウォーゲーミング社のある国を調べてみた。

開発会社はベラルーシ

ウォーゲーミング社は世界16カ国に支社を持つ巨大企業。現地には1,000人の社員がいて、さらに1,000人が海外で働いているらしい。

そして日本ではガールズ&パンツァーというアニメとコラボしてる。そのときに日本の戦車も追加してくれた。資料が足りなくて時間がかかったらしいけど、これは日本としても嬉しい話。

”課金しないと勝てない”というゲームでありません

ウォーゲーミング社CEOの言葉だけど、心強いセリフだ。課金しても勝てなかったけど。

CEOのVictor Kislyi氏
CEOのVictor Kislyi氏

さて、ベラルーシにある会社ということだけど、ベラルーシってどんな国?

ベラルーシの歴史

第二次世界大戦中、ソ連だったベラルーシはドイツにこてんぱんにやられた歴史がある。ベラルーシの国民の4人に一人が死んだ計算になるらしい。

理由は大きく2つ。

ドイツに近かったこと

モスクワをフルボッコにする予定のドイツにとって、通過点になっていたわけだ。

国民にユダヤ人の移民が多かった

ちなみにソ連側はベラルーシ人を盾にし、ロシア人だけを優先して守ろうとしていたらしい。

切ない。切なすぎる。

要するにロシア人はベラルーシ人を差別していたと。

ロシア人によってベラルーシの伝統的な建物や文化は破壊されまくり、人もたくさん殺された。そしてソ連は、それらは全部ドイツがやったことだと公表しているらしい。

こう考えるとベラルーシは ドイツとロシアに恨みがあるはず だ。

ドイツだけが不遇

さて、Wotを見てみると、明らかにドイツは弱い。どんどん弱くされている。

俺は最初、単純に戦車の見た目でドイツを選んだ。別に第二次世界大戦時、日本とドイツが同盟してたとか関係なくね。

実際ヘッツァー(Hetzer)とか虫みたいで可愛いし、全体的にロシアの戦車みたいに頭でっかちじゃないからスマートな感じがするんだよね。

Hetzer
ドイツの駆逐戦車Hetzer。弱すぎて駆逐できない。

それから、SNSとかフォーラムで『明らかにドイツ弱いだろ!』というと、WoTファンからは『だったらソ連使え』という。

そう、WoTではソ連にも色々やられたくせに、ソ連は強い のだ。

なぜフロボッコにしてきたドイツだけ弱体化させ、裏でコソコソやってて同胞を殺しまくったロシアをスルーしてるのか謎。

ソ連が強い理由

理由がわかった。おそらくこれだろうし、これしか理由が見つけれない。

ベラルーシの大統領、Алякса́ндр Рыго́равіч Лукашэ́нка(アレクサンドロ・ルカシェンコ)氏が、なんと大のロシア好きなのだ。それも大戦中のソ連を。

おそらく生まれたのがロシア共和国内だったからかもしれない(ただしこの生い立ちに関しては不明瞭な点があるらしく、実際にははっきりしていないらしい)。

そんなソ連大好き独裁者は、街の至る所にレーニン像を置いてるという。ベラルーシって時代錯誤なすごい国だなぁって思った。完璧にアカじゃないか(ちなみにレーニンの日本語漢字表記は『冷忍』だそうだ)。

アメリカからはこんなソ連大好きの国の大統領を、”ヨーロッパ最後の独裁者”と呼んでいるらしい。なんとまぁ、穏やかじゃねーな。

「ベラルーシには美人がたくさんいる。しかし私が毎日通る道の交差点にクチャクチャな顔をしたフランス人の顔が写っている。とんでもないことだ」

と発言し広告を撤去させたらしい。それ依頼、ベラルーシでは国外人の女性モデルの使用が禁じられたと。

独裁だ。

そしてルカシェンコはソ連の復活を期待してるというベラルーシ人からしたらとんでもないおっさんだったという。

死刑制度、自殺率

ベラルーシはヨーロッパで唯一死刑制度を導入してるらしい。日本も死刑制度があるが、ヨーロッパからすると、先進国なのにおかしいと思うらしい。

幼女誘拐殺人とかって死刑が妥当だと思うので、ヨーロッパ人は悠長なこというなぁと思うんだけど、とにかくベラルーシだけが死刑制度がある。

そしてヨーロッパでは自殺率がダントツでトップらしい(ベラルーシだけではなく、ソ連だった国の人たちはとにかく自殺率が高いという。その中でもベラルーシはダントツ)。

結論

ウォーゲーミング社のあるベラルーシは大統領の独裁国で、大統領はソ連が大好で、国民は直ぐに自殺する(一見すると北朝鮮みたいな独裁国とか韓国の芸能人みたいに直ぐ自殺するイメージがあるけど、まぁ国としてはあそこまでひどくはないでしょう。何しろベラルーシという国には本当に美人が多いから)。

つまり、変にドイツを強くすると粛清されるのかもしれないという恐怖が未だにあるのではないか。自殺に追い込まれるのではないか、という仮説を建てて考えた所、WoTに関してはこう断言してみようと思う。

ソ連が強く、ドイツは弱い

と。

こうせざるを得ないのか、そうしたかったのかはわからんけどね。

そして他の言い方をするなら、

初心者はドイツに手を出すな

ってことだ。

さて、徐々にソ連戦車に乗り換えますかね。