Skyrim – 新・日本語化2016

Skyrim LE版での記事。SE版に対応してなくても知らぬ。

2017年度版のまとめ記事はこちら

前提

SkyrimのModを使用可能にしつつ日本語でプレイする環境を構築する方法が更新されたようだ。

日本語化の方法

でもこのWiki、なんだか文章がちょっとわかりにくいというか、説明不足で抽象的すぎる。

こういう、何が言いたいのかハッキリしない文章って最近多いけど、流行ってる?

読んでるともやもやして酔ってくる事があるので好きじゃない。

20161007102158_1

というわけで、自分流にちゃんと分かるように書いておくよ。なるべく簡潔に書こうとおもう。

概要

  1. はじめに
  2. 仕組み
  3. 手順
  4. 手順詳細

大まかな手順を先に説明し、細かい手順を最後に説明するので、分かってる人は最初だけ読めばOKで、初めてSkyrimのセットアップを行う人は最後まで読めばOKという感じにしてある。

はじめに

来月の2016年11月10日にはリマスター版Skyrim スペシャルエディションが出る予定だけど、旧Skyrimとは別の扱いになるのでインストールも上書きにはならず、別途インストールされる。それからすでに存在するModの幾つかが不要になるようなバージョンらしいので、どれを入れてどれを入れなくて良いのかなど、Modの取捨選択が面倒くさくなりそう。

というわけで、特にスペシャルエディションは待たず、現状のSkyrimを綺麗に入れ直そうと思う。

超注意事項

導入後、SteamでSkyrimの言語を変えてしまうと、即座にその言語のSkyrimがダウンロードされてしまう。

現在のSteamには、自動アップデートを停止させるオプションがなくなってしまっているので、もし自動アップデートが走ってしまったら直ぐに一時停止させよう。

間に合わなかったら、タイトルでCTDしたりしてしまうことがある。そうなったら残念だけど、最初から日本語化をやり直そう。

この記事の最後に、再構築方を書いておいたので参考にされたし。

それから新しい日本語化を行った場合、CreationKitは動かなくなる。そもそも日本語環境で動くことを想定していないと公式に発表されているので、Modを作ったりしたい人は注意だ。旧式の方法で日本語化したほうが良い。

仕組み

日本語版Skyrimの上に、英語版Skyrimから必要なファイルを上書きコピーする方法。

これだと何がよいかというと、そもそも日本語として動かすことができるので、例えば日本語リソースが含まれてるModを導入した場合など、何もしないでも自動的に日本語表記になるし、そもそもオフィシャルの日本語ファイルをそのまま使うので例外対応が少なくなる。

手順

  1. クリーン化
  2. 英語版Skyrimインストール
  3. 日本語版Skyrimインストール
  4. 上書き対応

Skyrimのインストール先は C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\Skyrim とする。

Skyrim.iniの場所はC:\Users\<ユーザ名>\Documents\my games\skyrimとする。

クリーン化

現状で色々ごちゃごちゃやってしまってる場合、Skyrimのフォルダをリネームしておく。Skyrim_BKにしてみた。

HDDの容量に余裕がなければ、別に削除しちゃってもいいけどね。

でもこのままだとSteamがSkyrimが消えたことを認識しない(つまりSteam上ではプレイボタンが表示されてしまう)ので、以下の手順で削除状態を認識させる。

  1. Steamを起動し、The Elder Scrolls V Skyrim(以後Skyrim)を選択する
  2. 一旦プレイボタンをクリックする
  3. 起動に失敗したとダイアログがでるのでOKする
    • この時点でSkyrimフォルダが自動生成される
  4. Skyrimを右クリックしてでてきたメニューで「ローカルのゲームコンテンツを削除」を選択

tmp00056

これでSteam自身がSkyrimを消したことになるので、改めてインンストールが可能になった。

tmp00050

tmp00049

この作業をクリーン化と呼ぶ。

Skyrim.iniなども全部やり直すのは完全クリーン化と呼ぶ。今回は普通のクリーンでOK。

英語版Skyrimをインストールする

  1. Steamを起動する
  2. Skyrimを右クリックしプロパティを選択
  3. 表示されたダイアログの言語タブを開く
  4. 言語をEnglish(英語)にして「閉じる」ボタン
  5. Skyrimの画面で「インストール」ボタン

tmp00047

これで英語版がインストールされる。
ネットワーク環境によって数十分かかる場合もあるので寿司でも喰ってくればよい。

英語版のインストールが終わったら、フォルダをSkyrim_ENにリネームしておく。

フォルダをリネームしたらクリーン作業を行っておく。

日本語版Skyrimをインストール

  1. Steamを起動する
  2. Skyrimを右クリックしプロパティを選択
  3. 表示されたダイアログの言語タブを開く
  4. 言語をJapanese(英語)にして「閉じる」ボタン
  5. Skyrimの画面で「インストール」ボタン

これで日本語版がインストールされる。
ネットワーク環境によって数十分かかる場合もあるので寿司でも喰ってくればよい。

日本語版のインストールが終わったら SkyrimフォルダをまるごとコピーしSkyrim_JPにリネームしておく(HDDの容量が気になるならコピーしないでよし)。

これで以下の4つのフォルダができているはず。

  • Skyrim_BK クラッシュしたSkyrim
  • Skyrim_EN 英語版
  • Skyrim_JP 日本語版
  • Skyrim

tmp00055

Skyrim_ENSkyrim_JPの中身は一切変更しないというポリシーでセットアップする。

変更するのは実際にプレイで使うSkyrimフォルダのみ。しかしその変更も最小限に留める。

理由は、またいつかクラッシュした時のために最短時間で復旧できるようにするため。

上書き対応

基本的には英語版Skyrimから以下の4つのファイルを日本語版Skyrim(つまりSkyrimフォルダ)に上書きすれば作業はほぼ終了となる。
寿司なんか喰ってる場合じゃない。

  • TEXV.exe
  • /Data/dawnguard.bsa
  • /Data/dragonborn.bsa
  • /Data/hearthfire.bsa
  • steam_api.dll (Cretion Kitを使うなら)

しかし、上記DLCのbsaファイルは素の英語版を上書きするわけで、そうなると日本語テキストが含まれてないものになってしまう。

Skyrim自体は日本語として動かすので、このまま起動すると「おや?sLanguageがJapaneseになってるのに、DLCのファイルにはJapaneseのテキストがないぞ!?」ということで、CTDしてしまう。

というわけで、BSABrwserで予めJapaneseテキストを抽出しておく(具体的な方法は「手順詳細」で)。

ちなみに個人的にSkyrim日本語音声がどうしても生理的に受け付けない(世界観をぶち壊すほどの低クオリティな)ので、以下の音声ファイルも上書きして音声だけ英語にする。

  • /Data/Skyrim – Voice.bsa
  • /Data/Skyrim – VoiceExtra.bsa

これでSkyrimのMod対応日本語化が完了だ。

tmp00054

念のためSkyrim.inisLanguageJapaneseになってるか確認し、起動してちゃんとプレイできるか試してみよう。

へ スカイリムや衛兵の誤訳など、特に気にらないので誤訳修正版などのパッチは入れないが、入れたい人は適宜入れればよい。

20161007102117_1

20161007102243_1

手順詳細

BSABrowser

BSABrowserをつかってbsaファイルから特定のファイルを抜き出し、展開された状態で設置する方法。

この様に、展開された個別ファイルのことをルーズファイルと呼ぶ。

  1. BSABrowserを起動
  2. 「File」→「Open」
  3. C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\Skyrim\Dataに移動

以下はDawnguard.bsaDragonborn.bsaHearthfire.bsaの3つのファイルでそれぞれ行う。

  1. 該当するbsaファイルを選択
  2. 読み込みが始まる
  3. 「PATH」カラムをクリックしstringまでスクロールする
  4. xxx_japanese.dlstrings、xxx_japanese.ilstrings、xxx_japanese.stringsの3つのファイルを選択
  5. 「Action」→「Extract」実行

tmp00052

これでSkyrim/Data/Stringにファイルが抽出される。

tmp00053

次に入れ直すときの方法

もしまたSkyrimがぶっ壊れてインストールし直したかったら、以下の手順で簡単に日本語化できる。

クリーニング事前準備

Skyrimフォルダ内にインストールしなければならないツール以外は、全部Cドライブ直下に作ったSkyrimToolsフォルダにインストールすることとする。

項目 内容
Dataフォルダ C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\Skyrim\Data
ModOrganaizerフォルダ C:\SkyrimTools\ModOrganizer
Downloadsフォルダ C:\SkyrimTools\ModOrganizer\Downloads
Modsフォルダ C:\SkyrimTools\ModOrganizer\Mods
Profilesフォルダ C:\SkyrimTools\ModOrganizer\Profiles
Overwriteフォルダ C:\SkyrimTools\ModOrganizer\Overwrite
MyGamesフォルダ C:\Users\<ユーザ名>\Documents\my games\skyrim
Skyrim_EN 英語版Skyrimフォルダ
Skyrim_JP 日本語版Skyrimフォルダ

手動で削除

以下のフォルダの中身を完全削除する

  • Modsフォルダ内
  • Downloadsフォルダ内
  • ProfilesフォルダのDefault内
  • Overwriteフォルダ内
  • MyGamesフォルダ(savesは残す)

Skyrim内にある以下のファイル、フォルダは残しておいてOK
_Fallout4Translator
Fallout4TranslatorJapanese
– skse関連
– ssme関連
– Data内

初期化

  • Steamを起動し、CreationKitを削除
    • そもそも日本語環境ではCreationKitが動く保証がされてないし実際に起動出来ない
    • CreationKitを使うなら英語版Skyrimを日本語化する旧式で対応しないといけない
    • 英語版のsteam_api.dllを使ったら起動した
  • ENB Manで使用中のENBプリセットをDisableする

再・日本語化

  1. Skyrim_JPの中身をSkyrimフォルダにコピー
  2. Skyrim_ENの以下のファイルをSkyrimフォルダにコピー
    • TESV.exe
    • \Data\Dawnguard.bsa
    • \Data\Dragonborn.bsa
    • \Data\Hearthfire.bsa
    • \Data\Skyrim – Voice.bsa
    • \Data\Skyrim – VoiceExtra.bsa
  3. SkyrimLauncher.exeを起動しビデオ設定を済ませる
  4. skse_loader.exeから起動しMyGamesにSkyrim.iniを自動生成させておく
  5. MyGamesにあるsaves以外のすべてのファイルとフォルダをProfilesフォルダのDefault内にコピーする
  6. MOを起動し、以下の実行ファイルの登録を削除しておく
    • CreationKit
    • GenerateFNISforUsers
    • Dual Sheath Redux Patch
  7. MOからskseで起動してみる

おわり