eスポーツ – 2018年版 独断独学ゲーマー入門 その壱

2018年、eスポーツも徐々に盛り上がってきてるんですかね?ちょっとイマイチ伝わってこないです。一部の人達が一部の人達向けに自画自賛と自作自演を繰り返している(鉄拳7のプレス動画みたいな)という、日本人特有のクソプレイとか興味ないので、さっさと話を先に進めていただきたく思う次第です。実のところ日本だと、法律の縛りなどで賞金額が少なかったりして、いまいち盛り上がりに欠けているんじゃないですかね。

マッカーサー率いるGHQが「どうせあとで作り直すだろ」って感じで適当に作った憲法を未だに律儀に守っている日本国内の偉い人たちを見ていると、賞金額が揚げられない法律に縛られてしまい、そこらのメーカーが優勝賞金100万円程度出して盛り上がらない大会とか何度か繰り返していくうちに、メーカーが大会すらやらなくなって、日本のeスポーツ業界は消え失せるんだろうな、とか、日本は良い国だったはずなのに、これからは衰退の一途をたどるんだな、って思っています。海外なんか億ですよ。賞金額が億単位。大丈夫なのか日本は!!

そんなお役所仕事の思考停止したクズ野郎なんか人権剥奪してサメの餌にでもなっていただいたいのですが、無視して早速本題に入りましょう。

いわゆるゲーマーとなるための条件と、ゲーマーとは言えない条件ってあると思うんですよね。将来はYouTuberになりたい!的に、将来プロゲーマーになりたい!なんて人がいるかも知れませんし、そのくせPCの知識ゼロな人だっていると思います。そういう意味でも最低限の知識と、最低限の準備的な事を書いておこうかと思います。

言葉の定義

  • 環境
    • Winodws
      • DOS/Vという種類のPCにインストール可能なOS
      • Microsoftが開発販売している
    • macOS
      • Macという種類のPCにインストールされているOS
      • OS名はmacOS(Sierraから大文字小文字の表記が変更された)
    • PC
      • パーソナルコンピュータの略
      • MacもWindows機もPC
      • 「PC=Windows」というのは間違った認識
    • コンソール機
      • 家庭用ゲーム専用機
      • 据え置き型
        • PS4、XBox One Xなど
      • ポータブル型
        • Switch、スマートフォン
  • ゲーム
    • FPS
      • ファーストパーソンシューティング
      • 自分の目の位置がゲーム画面
    • TPS
      • サードパーソンシューティング
      • 自分のキャラクタが画面に表示されるタイプ
    • RPG
      • 自分で好きなようにキャラを演じる
      • 時系列+ストーリーが組み合わさったステージという概念がある
        • ステージを進めることでクリアに近づける
      • アクション性が求められたりパズル的な要素が求められたりする
    • MOBA
      • 一人1キャラで大人数でのバトル
      • 5vs5が多い
      • 見下ろし俯瞰型が多い
    • 格闘
      • 基本1vs1で格闘し、勝敗を決める
      • 日本ではストリートファイターシリーズばっかりエコヒイキしている模様
        • だから盛り上がらない
    • その他
      • カードバトルとか案外一部で盛り上がってる

PC必須

ハードウェア的な話をするならば、macOSも十分ゲームに向いていると言えると思うんですよね。しかしmacOSで遊べるゲームって、Windowsのゲームに比べると圧倒的にソフトが少ないので、残念ながらゲーマーといえばハードはDOS/V系、OSはWindowsということになってるのが現実じゃないでしょうか。

実際問題、Macだとハードが原因なのかソフトが原因なのかわかりませんが、とにかくマウスカーソルの動きがヤバすぎます。おそらくFPSユーザはブチ切れて、おととい買ったばかりのMacbookでも、窓から投げ捨てることになると思います。

ただApple側としては、MakbookでもiMacでもゲームはできるとアナウンスしているようですが、基本的に先に嘘ついて後から嘘に合わせる企業なので、Appleを信じるのはApple信者だけにしておいたほうが無難です。入信するかしないかはあなた次第。

おっちゃんとしては、スマートフォンなんていう人類が退化すること必須なガジェットを金儲けのためだけにハゲ散らかした挙げ句、ガンでくたばり死に腐った人類の敵「スティーブ・ジョブズ」とかいうテロリストのゴミクズ野郎が大嫌いなので、銀河系からAppleとかMacとかが無くなっても、おっちゃんは全く困りません。

というわけで、悪いことは言わないので、Windows10択一という認識で正しいです。
なので、Windows10がインストールされているPCを買うのがベストです。

コンソール機

コンソール機っていうのはいわゆる家庭用ゲーム専用機のことで、2018年ならPS4、Xbox One XとかSwitchとかそういったたぐいの、オレオレゲームマシンのことです。

当然オレオレなので、PS4のゲームはXBox One Xでは遊べませんし、SwitchのゲームをWindowsでプレイすることなんか当然出来ないわけです。はい。

ただ、ネットワーク的に同じサーバに接続出来たりするゲームもあります。おっちゃんは結構な頻度でゲームをストリーミングしてるのですが、海外の方から「r u PS4? Xbox?」なんて聞かれることがあります。PS4もXboxも買う予定まったくないし、おっちゃん的にゲームといえばPCなので、素直に「PC」って応えています。

PS4とかXboxとかPCで出ているゲームの内容って、実はそういったプラットフォームによってほとんど変わらなかったりするんですが、基本的にPCとコンソール機は設計思想が全く違うものなので、ただ似てるってだけです。実際には、PCだと出来るけど、コンソール機だったら出来ないような事もたくさんあります。例えて話すとこんな感じです。

コンソール機は、限られた小さな箱の中で小さい虫を飼うようなもので、中に小さな家を置いてもいいし、川を流して水車を置いたりも出来ます。しかしその水車、虫など、全部決まったメーカーの決まったものを決まった定価で買う必要があります。

WindowsなどのPCの場合、まず小さな箱ではありません。箱ではなく、そこには広大な土地があります。そして、どの店で売っているどんな虫でも、どんな土でも、どんな家でも、お金がある限り、好きなものを好きなように好きなだけ配置して、自分なりの世界を作り出すことが出来ます。当然自己責任ですが。

日本人は日本人のためにしかモノを作ったりしませんし、そんな島国根性むき出しを是として生きてきた民族ですから、世界規模から見たら視野がめちゃめちゃ狭いです。恋愛感、結婚感なども、本当にくだらないです。ロシアの家族パーティなんか、離婚した素嫁が遊びに来たりすることもありますし、ニューヨークでは同時に複数の異性と何ヶ月も付き合い、その中から最愛の伴侶を決めるってパターンも実際あります。これらの話を日本人にすると「ありえない」とかって言うんですが、ありえないのはお前の狭い思想だ、とおっちゃんはいつも思っています。

日本のゲーム会社の人のインタビュー記事で、いかにしてヌードModを防ぐか、なんて記事があったのですが、タイトル見た瞬間、どうせスクエニかバンナムだろ?って思ったら案の定スクエニでした。極端なバカ思想だと思います、そういうのって。

外食する時、基本的に口の中に入るまでは料理は店の所有物です。だから持って帰りたいとかってのは店の判断で決められるのが当たり前です。なので、ドギーバッグなどの持ち帰り文化ってのは、実はお店側のサービスとしてなりたってるわけで、お金出したから自分のもだし、持って帰って良いはず!なんてバカ学生のコメントみたいなのは通用しないんですよね。そもそもそのお店で食べるのが前提の料理なので、持ち帰るのはイレギュラーってのを理解する必要があります。

でも、出された料理をどうやってそのお店で食べるかなんてのは客の都合でいいと思います。ボロネーゼに醤油かけようが、ラーメンに納豆入れようが、ワインに明太子入れようが、それは客の自由だと思います。ゲームも同じで、ヌードModを導入してプレイした動画を全世界に発信するとかはご法度だけど、基本的に自宅などの閉じた空間でオフラインでModを導入すること自体はありだと思っています。Modっていうのは必ずツールがあるわけで、そのツールも配布してもらえれば、そのゲームの気に入らない場所を自分好みに編集したりも出来ますし、バグなのに放置されてる部分を修正したりも出来ます。Modツールを「配布する/しない」は売り手側の勝手ですが、本当に「こういうプレイしてほしくないから制限しよう」っていう意地悪でしかない精神を感じ、日本人特有の「予測コストしかしない」仕事の仕方に大いに疑問を持ったということです。正直、未来が見えてこないので呆れました。せっかく気持ちを込めて作った作品を壊したくないという気持ちだったとしたら、それはねじれて腐ったクズ根性論でしかありません。売り物を愛してどうする?売り物は売れ!と。

日本のゲーム業界の人たちは、基本的にユーザを上から目線で見てるわけです。ユーザを馬鹿にしてるんですよね。全く信用してない(海外だとメーカーとユーザがお互い歩み寄ってるので本当に羨ましいです)。だからユーザもメーカーを馬鹿にするんですよ。コーエーテクモも真・三國無双8でやらかしたじゃないですか。あの手の対応ってのは本当に「思考停止したお役所作業」+「ただの意地悪」で、誰も幸せにならないことをなんの臆面もなくやらかすという、事なかれ主義の塊みたいな事を平気でやるんです。天安門事件のときの共産党と何ら変わらないと思いますね。

というわけで、そんなクソ開発者の趣味なんかに付き合いたくない人は、なるべくPC版を買いましょう。狭い箱庭つくて、無駄に高いお金だして、制限されまくった世界でちまちま遊ぶより、地平線が見える広大な土地に好きなだけいるほうが人間気持ちが良くなるものです。

PS4が4台買えるほどの値段ではありますが、PCを買えばコンソール機特有のしがらみがなくなり、別の世界が見えてきます。そして海外のゲームとおまけでついてくるModツールを使えば、日本という国は結局、漫画やゲームなどへの理解がない劣化した後進国だってのがよく分かると思います。

おっちゃんは日本が大好きですが、こういった狭苦しい日本人特有の事なかれ主義+予測コストのみの思考停止ってやつが大嫌いなのです。だから銀河英雄伝説のトリューニヒトみたいに憂国騎士団とか家に送らないでね!

PCとコンソール機

ざっくりと言うと、コンソール機はPCの相手になりません。大人と子供というより、子供とマンモスくらい違います。PS4は4~5万で買えますが、PCでちゃんとゲームをやろうとすると、結果的に20万以上かかることが多いです。

もちろんPC本体だけではなく、その他の周辺機器なども揃える必要があるのですが、毎月少しずつ買っていくと、トータルで20万は速攻で超えますよ、という意味です。周辺機器を我慢するなら、15万くらいで済みます。

必要な環境

というわけでWindowsマシンを買いましょう。

最低限必要なスペックを書いておきます。もちろんこれより低いスペックでもゲーマーになれないわけではありませんが、妥協しては行けない部分もあるので、そこは踏襲してもらいたいと思います。

  • PC本体
    • CPU
      • Core i7系
      • 間違ってもi5以下は買わないように
    • ストレージ
      • Cドライブ:SSD 512GB以上
      • Dドライブ:HDD 1TB以上
    • メモリ
      • 16GB
      • これより多くてもそれほど恩恵はない
    • グラフィックボード
      • VRAM: 4GB以上
      • 推奨: 6GB以上
    • サウンドカード
      • ハイレゾ
      • 24bit
  • OS
    • Windows 10 home
      • Proでも特に問題ない
  • ディスプレイ
    • 遅延速度: 最低2ms
    • 16:9の24インチ以上
    • ブルーライト軽減
    • HDMI端子かDisplayPort端子
  • インターネット環境
    • 下り100Mbps以上
      • 推奨プロバイダ: nuro(900Mbps程度出る)
    • 無線ではなくLANケーブルを使った有線
  • キーボード
    • テンキーレス
    • テンキー部分がじゃまになるので使うなら別途購入
    • 無線/有線どっちでもOK
    • 実際に触ってみてしっくりくるか確認しないとダメ
    • WASDキーは盲牌出来るようにエンボスされたものに交換
  • マウス
    • DPI変更機能
    • 無線/有線どっちでもOK
    • 実際に触ってみてしっくりくるか確認しないとダメ
  • スピーカー
    • 最低 2.1ch
    • 推奨: 5.1ch
  • ヘッドフォン
    • サラウンド
    • ノイズキャンセラー
    • 後は好みの問題
  • マイク
    • ヘッドセットのマイクの音質が悪い場合に必要
    • 単一指向性
    • グースネックのマイクスタンド
    • ウィンドガードかポップガード
  • カメラ
    • 画素: 720pか1080p
    • フレームレート: 最低30fps
  • デスク
    • 横幅: 最低120cm
  • 椅子
    • リクライニング
    • 床がフローリングの場合は専用マット必須
  • オットマン
    • 足がむくむので必要に応じて
  • タブレット端末
    • プレイ中に検索やチャットするときなどに必要
    • スマートフォンで音声検索しても良い
  • その他必要に応じて
    • ハンドルコントローラ
    • フットスイッチ
    • ボリュームダイヤル
    • LEDライト
    • クロマキー背景スタンド+背景布
    • キムワイプ+エタノール
    • 飲料、軽食+カート・ワゴン

おっちゃんは上記のうち、サウンドボードとオットマン以外は条件満たしています。
この内の7割り程度揃っていれば、立派なゲーマーとしてやっていけるんじゃないですかね。

間違ってもスマートフォンとかのゲームをプレイしてて、自分がゲーマーとか言わないようにしてくださいな。理由は簡単で、おっちゃんが殴って殴って殴って最終的に穴ほって埋めたくなるので。スマートフォンはできれば撲滅したいんですよ。人類の敵としか思っていませんので。そもそも性能悪すぎて逆に不便だし。

スマートフォンのゲームもゲームっちゃゲームですが、あくまで「暇つぶし」カテゴリ内のゲームです。ゲーマーは「生活」カテゴリ、「人生」カテゴリ内のゲームをプレイします。だから彼らは暇つぶしでゲームをプレイしているわけではありません。プロ目指すんだったらなおさらです。大会を主催する側もスマートフォンのゲームなんか絶対にチョイスしないでほしいです。GTグランプリにワゴンRで挑むようなものです。勝つとか負けるとかじゃなくて、他のプレイヤに迷惑なので。

おすすめのPC

おっちゃんがこの世に生を受けてから使ってきたPCのブランドとかメーカーを書いておきます。

  1. MZ-80B
  2. SC-3000
  3. MSX2
  4. X1f
  5. X68000
  6. Macintosh Centris
  7. FM-V (Windows 95)
  8. FM-V (Windows 98)
  9. DELL Precision (Windows NT4)
  10. Macintosh G3
  11. SUN Ultraspark2
  12. マウスコンピュータ ベアボーン(Windows NT4)
  13. Epson (Windows 98)型番忘れ
  14. Espon (Windows 2000)
  15. Dell (Windows 2000)型番忘れた
  16. HP (Windows XP)型番忘れた
  17. その他5台くらいラップトップ使用
  18. マウスコンピュータ G-tunes (Windows XP)
  19. HP Pavilion(Windows7 → 10 pro)
  20. ドスパラ GALLERIA(Windows7 → 10 pro)

多分これ以上のPCを持っていたと思います。分解したり組み立てたり売ったり買ったりを繰り返していたので、正確な台数はわかりません。当時は6畳の部屋1つまるまるマシン室みたいになってました。

そんな経験の持ち主のおっちゃんが結論を言うと、ドスパラかマウスコンピュータがおすすめです。知人がパソコンほしいというときにも、たいていドスパラかマウスコンピュータでいいんじゃないの?とアドバイスします。おっちゃんはこれをパラマウス問題と呼んでいます。

ドスパラもマウスコンピュータもゲーミングPCを販売しています。使ってる人もすごく多いです。コストとスペック、サポートと口コミを比較すると、ドスパラがトップでしたが、マウスもなかなか良さげです。

実はDellとHPもゲーミングPCを出しています。エイリアンウェアとオーメンです。

HPは日本国内で組み立てているので、そういう意味では安心感がありますが、ドスパラだって国内メーカーだし、直接お店行く事も可能だし、サポートも別の専門業者が付くので、おっちゃん的にはやっぱりドスパラかマウスでいいんじゃないかなって思っています。マウスはちょっと安っぽい感じがするんで、やっぱりドスパラですかね。

HPはずっとグラフィックを無視して来たメーカーです。事務用PCしかありませんでした。だから仕方がなくオンボードのしょぼすぎるビデオ機能でゲームしてたんですが、ある時期からいきなりグラフィックに力を入れだします。HPは生まれ変わりました。選択肢としては十分なスペックを持ったPCを出しまくっていましたが、ゲーミング専用のエイリアンウェアを買い取り、今ではますます勢いを増しています。ただ、値段が高いです。40万とかします。

DellはCEOのマイケル・デルを追い出してしまってからは本当にダメ企業に成り果てました。2018年の現在でもイメージ悪いです。本当にくず鉄PCばっかり売りまくり、安かろう悪かろうのクソ会社に成り下がりました。が、他社に遅れまくった後、あと出しでゲーミング業界に乗り出します。今ではオーメンというゲーミングブランドを持っています。奇抜なデザインのPCが多いですが、やっぱり高いです。最低でも25万、ちょっと良くなると50万とかします。

というわけで、エイリアン・オーメンはお金持ち専用ということで、パラマウス、中でもドスパラでいいと思います。ドスパラのGALLERIAシリーズの中から、予算に合ったスペックのものを買えば良いと思います。

間違ってもミニスリムとかは買わないでください。後から拡張出来ませんので。買うなら最初しっかりしたものを買う必要があります。変に値段を気にして安いのを買ってしまい、最終的に全部買い直すことになるとか、アホらしいじゃないですか。だったら最初少しは無理してでも、良いものをちゃんと買いましょう。

通常Windowsマシンって4年位でぼろぼろになるんです。おそらくみんなちゃんとメンテナンスしてないだろうから、電源入れても10分くらいしないとまともに動かないとかザラです。電源入れた後、アクセスランプ見てください。ずっと点滅しますよね。それメンテナンスしてないからなんですよ。

あとWindowsの仕組み的にユーザプロファルって増える一方で減らないので、自力でなんとかする必要があります。Cドライブ直下もある程度きれいにしておく必要があります。そういうのをちゃんとやっていれば、6年位は普通に持ちますし、丁寧に扱えば8年は持ちます。

そんな長期間の間、グラフィックボードなどの取外し可能なパーツは、ある程度の時期が来たらその時代の最新のものに取り替えると良いのですが、最初にミニスリムの筐体などを買ってしまうと、サイズや位置などが合わなくて、せっかく買ったパーツが取り付けられないなんてことがあります。そうなると残念ですが、まるごと買い替えになります。まぁ減価償却すぎてると思うのでそれでも全然OKっちゃOKなんですけどね。

というわけで、お金かかります。お金ない人はPCゲーマーにはなかなかなれませんので、むしろゲームの腕をみがいでスポンサーが付くのを待ちましょう。そうすればエイリアンウェアだって買えます。

ゲーマーにとって「ゲームが上手い」というのは、操作がうまいだけじゃなくて、魅せるプレイをしないとダメです。見ている人たちに、ずっと見ていたいと思わせないとダメです。

おわり

日本人は、世界に通用しないって思い続けてる民族だと思っています。ワールドカップやオリンピックでも、日本が勝った時のアナウンスを聞くと、やっぱり普段は「敗戦国らしく控えめに」っていう精神を背負って行きてるんだなぁってイメージです。

日本人が日本人舐めてンじゃねぇよボケェ~!!

といいたくなります。

みんなもっと自信たっぷりに生きましょうよ。ゲーム会社のディレクターも、別に会社ぐるみで自作自演しなくても、長髪にしたりガングロになったりひげとサングラスで自分をごまかさなくても、普通に堂々としてほしいです。ヌードModが蔓延しても、それを知った人はゲーマーじゃなくても必ず興味を示し、買います(Oblivionは某画像掲示板でヌードModを見た瞬間、「エロい」という気持ちより「美しい!」と思ったので、その場で買いました。それ以来TESの世界にハマり、Oblivionは5年、その続編のSkyrimは今年で7年目です)。ヌードModは彼ら自作自演の可愛そうな人たちが思っているほど、悪くないです。

というわけで、いろいろ言いたい放題言いましたが、残念ながらおっちゃんが言いたいことの1/100も伝わってないと思います。
また良きタイミングで、日本大好きおっちゃんゲーマーが日本人とスティーブ・ジョブズをボロクソに貶しまくろうかと思います。
ではでは。