DOA5LR Mod – コスチュームを入れ替える

2018.09.14 ダウンロードリンク修正済み
2018.09.09 ダウンロードリンク修正済み
2017.10.16 ダウンロードリンク修正済み

有志のコスチュームを手に入れる

公式のコスチュームはDLCとしてSteamから有償で購入することが出来る。購入後、「ゲームをインストール」メニューで即ダウロードさせることが出来る。そしてキャラクタ選択画面に直ぐにアクセスしたくなるはずだ。

DLCのスクリーンショットとか見ていると、結構好みのものがあったりしてなかなか興味深いとは思うんだけど、実際購入してみると、結局使っても2~3キャラしか使わないわけで、10人とか15人分コスチュームが含まれていても、無駄になる。ROI(費用対効果)が極端に低い。

コーエーテクモゲームス(と言うよりTeam NINJA)は俺たちプレイヤであるユーザに喧嘩を売ってるという理解で正しい。

そもそもDLCとしては類を見ないほど高く値段が設定されてるわけで、その程度の満足度しかないのに数千円支払うとか、はっきり行って馬鹿らしくなる。

Adobeより質が悪いことこの上なし。

というわけで、有志が作ったコスチュームを何の気なしに使ってしまおうじゃないか。

手に入れる準備

手に入れるには、とあるサイトにメンバー登録する必要がある。

とあるサイトというのは別に怪しいサイトでもなんでもなく、おそらくこう言えば直ぐに理解出来ると思う。

Pixivが出来るずっと前からある海外の画像共有サービス

名前はDeviantArt(デヴィアントアート)という。アプリもあるのでスマートフォンで落としておくのも良いかも。

Pixivというのは素人プロ問わず、PCで書いたイラストを好きなだけ公開出来るサービスだ。サービス開始から一気に広がり、今では規模の大きなサイトに成長した。

実はPixivが出来る前から海外のイラストが好きな俺は、このDeviantArtにメンバー登録していたため、今回のようにDOA5LRのコスチュームを何の手間もなくダウンロードすることができた。

というわけで、すでにDeviantArtにログインしてるのを前提に話を進める。

具体的にやってみる

まず、DLCを一切買ってない状態で使えるキャラは以下になる。

  • B型長女くらい存在が卑怯でクソでしかない腐れ忍者キャラのかすみとかいうクソビッチ腐れまんこ
  • ばーちゃん子で一人っ子という凶悪コンボとしか思えないほど傍若無人でバカキャラのあやねとかいう犯罪者
  • うつ病患者としか思えない掛け声のへっぴり腰で格好悪いクソ忍者キャラなハヤテとかいう時代遅れのヘタレ
  • コスプレマニアでわけの分からない技を使って卑怯なことしかしないクソ忍者キャラのハヤブサとかいうキチガイ

というわけで、誰もが使えるキャラとして、まずはかすみのコスチュームを落としてみようと思う。

Kasumi Shiny Black Tigh Highs V1

このコスチュームの作者はfunnybunny666という人。かなり精力的にコスチュームを作成(殆どがマッシュアップ)してくれているナイスガイだ。

このページの右上には「Download」というボタンがあるが、この人の場合はここでは参考画像がダウンロードされるだけなので、別の場所にあるリンクからファイルを落とす必要がある(人によっては「Download」からファイルをダウンロードさせてる人もいる)。

funnybunny666の場合、コメント本文にリンクが有るので、画像の下にある「Download kasumi Shiny Black Tigh Highs」テキストリンクをクリックすればOK。

この人は自分のGoogleドライブにファイルを保存してるので、Googleドライブの画面になったら右上のダウンロードアイコンをクリックし、すべてのファイルをzipとしてダウンロードする。

これで入手は完了だ。

コスチュームの仕組み

前回の記事ですでにAutoLinkを導入してるはずなので、まだの人は今直ぐ息を止めて導入すると良い。導入途中で諦めて呼吸してしまったやつは、その程度のやる気しかないということで、精子から出直してこい。

で、ダウンロードしたコスチュームはAutoLinkフォルダ内に入れるんだけど、入れ方がちゃんと決まっている。

以下の表をみて、適用したいキャラのフォルダを作る必要がある。

キャラ名 フォルダ名
Alpha-152 ALPHA152
あやね AYANE
クリスティ CHRISTIE
エレナ HELENA
ひとみ HITOMI
ほのか HONOKA
かすみ KASUMI
こころ KOKORO
レイファン LEIFANG
リサ(マリポーサ) LISA
不知火舞 MAI
マリー・ローズ MARIE
ミラ MILA
紅葉 MOMIJI
井伊直虎 NAOTORA
女天狗 NYOTENGU
パイ PAI
Phase-4 PHASE4
レイチェル RACHEL
サラ SARAH
ティナ TINA

全部のフォルダ作るのが面倒くさいとかいう救いようのないクソゆとりだったら、この2ファイルを両方AutoLinkフォルダ内に置き、makedir.batをダブルクリックすると、勝手に全部作ってくれるのでやってみると良い。救いようのない奴を救ったお礼として俺にAmazonギフト券を送ると寝覚めが良い。

今回はかすみのフォルダを作ればいいので、以下のような階層になるようにフォルダを作っておく。

次はKASUMIフォルダに01フォルダを作る。

この01ってなんだ?って思うかもしれないけど、そう言われても、そんなこともわからないのかってしか思わん。

要するにコスチュームの番号だ。01ってことは1番めのコスチュームって事。グダグダ言ってないで言われたとおりにやりやがれこの豚肉が。

1番目のコスチュームは気に入ってるんで潰したくないズラ!

って思ったキングオブゆとりのお前でも安心してほしい。1番目のコスチュームは ちゃんと残ってる

別に01じゃなくても02でも03でもなんでも良い。ただし99とかはそもそもそんな数コスチュームが存在しないので、存在する範囲で番号を降れば良い。まぁゆとり以外なら言わなくてもわかると思うけどな。お勧めは03から開始することだ。

さて、最後に、ダウンロードしたファイルを解凍し、この01フォルダの中に放り込もう。

こんな風になるはずだ。

よく見ると、HIGHCUTとLEATHERという2種類のファイルが存在するのがわかると思う。
本来であれば1着につきTMC(モデルデータの構成)、TMCL(モデルデータ本体)ファイルがあればOKなんだけど、このように一つのフォルダに複数セットがある場合、2つのコスチュームが選択出来るということになる。

つまり、

  • 本来の1番目のコスチューム
  • Modコスチュームとして以下の2つ
    • HIGHCUTのコスチューム
    • LEATHERのコスチューム

の合計3着になる。

本来のデフォルトのコスチュームを上書きせず、且つ複数選択出来るというのがAutoLinkの良いところ。

早速プレイしてみよう

それではDOA5LRを起動してみよう。

モードはなんでも良い。

とにかくかすみを選択する。

AutoLinkを導入するとこの時点でキャラクタ一覧が消えるので、選択したキャラが見やすい。

01フォルダを作ったので最初のコスチュームを選択する。

インナーの部分が変化してるのがわかると思う。実はこのインナーを切り替えることで、Modコスチュームを着せることが出来るようになっている。

これがHIGHCUTだ。

これがLEATHERだ。

そして後はプレイするだけ。

おわり

funnybunny666の場合、ページ左側にキャラ別にリンクがあるので探しやすい。他にもDOA5LR MODなどで検索してみれば、他の人が作ったModが大量に出てくるので、休みの日にじっくり時間をかけて楽しむと良い。

ちなみにゆとり以外は理解できてると思うけど、オンラインで対戦する場合、当然相手はこっちが導入したModコスチュームは表示されず、デフォルトの1番目のコスチュームが表示される。

いつも同じコスチュームばっかりの人がいたら、そいつはもしかしたらModコスチュームを好んで使っているのかもしれない、なんて余談もあったりする。

だから別に非常に恥ずかしいコスチュームなどのModを入れておいても大丈夫だ。

あと、誰もが最初にやりたがるであろう全裸Modだけど、こちらも地球に男がいる限りMod対応ゲームでは確実に存在する。このブログでも紹介してるけど、Skyrimの記事で紹介した、LoversLabというサイトにDOA5LRのアダルト系Modが幾つか存在する。そこに、素のファイル、AutoLink向けにフォルダ分けされたAutoLink版など、用途別に用意されたファイルがあるので、それを使うと良いかも。

ちなみにAutoLink版は、01(陰毛あり)と02(陰毛なし)が使われているので、他のコスチュームは03から導入するのが良いと思う。

終わりだ。