GALLERIA XT – 新しいPC その壱

元気で瀕死

今使ってるPC、約6年前にSkyrimを快適にプレイするために買い替えたんだよね。それまではDELLのみしか買わなかったんだけど、明らかにDELLが秒速で劣化していった時代。意味不明な不具合が頻発しだし、買っておいたSkyrimなんかまともにプレイできるような状態じゃなかった。

そして買った。HPのPavillionを買った。VRAMは2GB、メモリは16GB。HDDは2TB。今までに比べて倍以上の性能だ。ヒャッハー!!!

俺的には、Windowsマシンを買った場合、PC年齢は二十歳から計算するようにしてる。初回起動時がちょうど二十歳だ。そして1年経過するごとに20年プラスしていく。つまり2年間使ったってことは、人間でいうと40歳ということだ。気力体力ともに40歳である。

そんなHPのPavillion、なんと6年使うことになったという。人間でいうと120歳だ。もう瀕死でもおかしくない。

とは言え、ちょっと前までこのブログはそのPavillionで書いていたわけで、ネットワークが遅ければJ:COMからnuroに乗り換え(5Mbpsだったのが190Mbpsになった)、WiFiが遅かったので11ag対応の子機かったり、少しでも快適にゲームができるように育てていった。

しかし、HDDは流石に追いついてくれない。

Steamで買った対戦格闘ゲームのDEAD OR ALIVE 5 LR(以下DOA5LR)なんか、1ラウンド終わって次のラウンドに行く時、まれに1分ほど固まる時がある。HDDのアクセスランプを見ると、超激しく点滅を繰り返している。なんだこれは、と。

オンライン対戦中だけど、相手には悪いけどCtrl+Alt+DELで強制終了しようとして、間違えてShift+Alt+DELしてしまったら、なんと一瞬でDOA5LRがもとに戻ったという、未だになんのショートカットキーだったのか不明な現象とか起きてた。

その他、PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUND(以下PUBG)に関して言えばもっと致命的で、そもそもVRAMが2GBしかないので、マウスで激しく画面を移動させると描画が追いつかず、システム処理的にはそっちの方向を向いてるんだろうけど、見た目がまだ半分くらいしか旋回してないから、正しい位置を狙って撃つことができない。つまり、その間敵に撃たれて死ぬという、なんともやり場のない怒りが連発していた。0.1秒でさえ遅いFPS、TPSのゲームに於いて、描画が固まるというのは致命的。勝てるわけがない。

というわけで、もう120歳だし、HDD以外元気だけど、もう時代に追いついてないな、と思い、新しいPCを買うことにした。

パラマウス問題

DELL、HPなどはもう飽きた。DELLにはALIANWAREというゲーミングPCブランドがある。HPにはOMENというゲーミングPCブランドがある。はっきりいって両方共魅力的では有るんだけど、とにかく高い!!!値段が高い!!!高い!高すぎる!!!OMEN Desktopなんか最初から30万円するし!!!出せても20万円!!!

エイリアンウェアかオーメンか問題(エイメン問題)は放置。ドスパラかマウスコンピュータか問題(パラマウス問題)に絞ることに。

というわけで、自然と以下の2社に絞り込まれた。

メーカー 説明
ドスパラ 老舗のパーツ屋だったがショップブランドが馬鹿売れしてる
マウスコンピュータ 昔からベアボーンなど扱ってるハード好きには御用達のメーカー

実は2002年だったか2003年だったか、職場でマウスコンピュータを使ってた事がある。その後自宅でもマウスコンピュータを購入したことが有る。先に説明したDELLの前がマウスコンピュータだった。

ちょうどマウスコンピュータの製品がオフホワイトからブラックへ、格好良くなってきた時代だ。それまでは正直、事務用品的なイメージだった。

ということは、今まで一度もお世話になってないドスパラのショップブランドを試してみようか、と思い、色々見積もりしてみた。

3日ほどいろいろ検討してみた結果、BTOで18万円代で済みそうだった。

GALLERIAに決めた

というわけで、ドスパラのGALLERIA XTに決めた。XFで見積もったら30万ほど行ってしまったので、人気No2のXTだ。スペック的にも十分で、これなら4年は持つと思う。

以下は、見積もり出したときのメモ。

2017年度PC買い替え

  • 目的
    • 現在使用しているPCは6年目なので買い替える。
      • HDDアクセスが異常に遅くなっている
      • VRAM2GBでは心もとない時代になった
      • USBポートなど破損しかけている
  • 指針
    • 現在(3.40GHz)よりクロック周波数の高いCPU
    • 現在(2GB)よりVRAMの多いGPU
    • SSDメインでHDDサブ(最低1GB)
    • メモリ最低16GB
    • 静音、冷却、電源に気をつける
    • Hyper-Vを使うのでWindows 10 Pro
    • 最低4年は保ちそうなモデルを買う

概要

  • GALLERIA XT – ガレリア XT
    • 第7世代インテルCore i7搭載モデル
    • 高性能ゲームパソコン ガレリア
    • 商品コード:6439-4180

GALLERIA XT

構成

項目 内容
OS Windows 10 Pro 64bit
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/8GBx2/デュアルチャネル)
電源 オウルテック 550W 静音電源 (80PLUS PLATINUM / PT-550M)
CPU インテル Core i7-7700K (4コア/HT/定格4.20GHz/TB時最大4.50GHz/L3=8MB)
+ 静音パックまんぞくコース (高性能CPUファンで静音化&冷却能力アップ)
SSD 500GB SSD
HDD 【SATA3】 2TB HDD (SATA6Gb/s対応)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ (DVD±R x22, ±R DL x8, RAM x12)
GPU NVIDIA GeForce GTX1060 6GB (CUDA 1280基/2スロット使用/DVI x1, HDMI x1, DisplayPort x3)
音源 オンボードHDサウンド
ケース オリジナル ガレリア専用 KTケース ブラック(ATX)
LAN ギガビットLANポート x1 (マザーボードオンボード)
マウス GALLERIA レーザーマウス ブラック
キーボード GALLERIA Gaming Keyboard
マザーボード インテル H270 チップセット ATXマザーボード
IOポート 前面:USB3.0 x2
背面:USB2.0 x2 USB3.0 x4

料金

項目 内容
合計 183,534円(税抜き 169,939円)
送料 2,160円
クレジット 24回払い
初月 8,594円
毎月 7,700円

その他

パソコン下取りサービスに関して。

  • 1000円安くなる。
  • 商品が届いた際に同梱されているダンボールに入れて送付する
  • メモリやHDDがなくても大丈夫
  • 25kg以内である必要がある

DELLの古いデスクトップPCを下取りする。
HPのはまだ残しておく。

ディスプレイに関して

GeForce1060にはディスプレイポートが3つついてる(グラフィックボードとオンボードで画面を分けるとゲームが認識しない)ので、将来的にディスプレイは3画面にする予定。

おわり

次回はセットアップのときのログを書いてみたい。