GALLERIA – メモリ16GBから32GBに増設した

とんでもないことが起きていた

ちょっと前に買い替えたWindows10Proのデスクトップマシンだけど、買ったときはBTOでメモリ16GBにした。16GBという容量は俺の中では超最低ラインの容量であり、これより少ないデスクトップはその時点でウンコ以下だと思ってるわけだ。

予算の関係で16GBにせざるを得なかったけど、本当は32GB欲しかった。うん、欲しかった。

もう一度いうと、欲しかった。

とは言え、後から買って足せば済む話じゃん!ということもあり、16GBでいいか、という認識をしていた。

そして無事にマシンが届いて、ゲーム三昧な毎日を送っていたが、とある事に気がついた。

どうもメモリを消費しすぎている、と。

なんということでしょう

あまり気にしなかった自分も悪いんだけど、タスクマネージャでパフォーマンスタブを開いた時、それに気がついた。

なんとなんと、 メモリが8GBしか認識されていない ではないですかウンコ!!!!!!

あ”ーーー!!!意味わからねぇ!!!この豚肉!!!

サラダでも作ってろよ、ぽっちゃり野郎が!!って感じしますよね!!!

うんこ!!!

なにこれぶっこわれてんの?

というわけで、なんだか思ったほどパフォーマンス出てないと思った。こりゃあれですな、メモリ取り替えたほうが良いって話なのかな。

もうね、こういうのね、面倒臭すぎるわけですよ。はい。

『オタクのBTOで買ったGALLERIA XTだけど、16GBのメモリで買ったのに、8GBしか認識してないよプペポパピポ!』とかさ、連絡すること自体面倒くさいわけでしてはい。

平たくと言うと、今すぐにでもメモリ16GB認識させたいわけ。

と思いながらもう、Amazonでポチってしまったぞぃ。

インターリーフだから8GBが2枚。おそらく今ついてるメモリ、1枚がおかしくなって8GBしか認識されてないんだろうなぁ、的な。

というわけで、届くのを待つことにした。

届いたら全部取り替える。

話が変わった

さて、仕方がないので8GBというクソしょぼい環境でマシンを使うことになっていたわけだけど、なんだかちょっと思い出したことがある。

そういえば、届いた時にメモリ2枚とも引っこ抜いたよな、撮影のために。

ぬ!

ぬぬ!!

ぬぬぬぉ!

もしかしてそれが原因?

というわけで、ケースを開けて中を見てみた。

なんと、 1枚だけちゃんと挿さってなかった ことが発覚!!!!

ちゃんと確認しておけばよかった!!!

あ”ーー!!!!

やらかした。久々にぶっ飛ばされた感覚。

メモリ買ってしまったよ。

まぁ増設する時期が速まっただけなんで、いいっちゃいいんだけどね。

というわけで、ちゃんと挿し直して、無事に16GB認識された次第。

とどいた

届いたら届いたでなんだか嬉しいわけでして。

早速取り付けてみよう。

うん、ちゃんと2枚ともしっかり挿さってるね。

増設だー!!!!!!

一旦全部抜いて、1枚1枚丁寧に挿し込んでみた。

これで完璧じゃ。

目標の32GB!!!
ぐはー!!!夢のようだ。

体感的な話

挿し損じていて8GBしか無かったのを、挿し直して16GBにした時、『おぉ!速い!』って思ったのよね。

でも、今回16GBを32GBに増設してみて思ったことは、『まぁもたつきは無いのは最初からだけど、それほど早くなったのかどうかはなんだかよくわからないなぁ~』が正直な所。

思いの外感動が薄かった。

そもそもWindows10って、デスクトップのヒープ領域って物理メモリに影響されないんで、16GBあれば十分だって話もある。

終わり

というわけで、みんなもメモリがおかしいと思ったらケースを開けてみるが良い。

後は知らぬ。好きにせい。

ごっつぃのぅー!!