FILCO- 茶軸テンキーレスBTキーボード&BTテンキー

キーボード作ってる奴ら

あのさ、ここ20年くらいって、どのキーボードもテンキーがついてるよな。うん。兎に角横に長い。

ちなみにキーボードのそれぞれの名称はこんな感じな。

名称
ファンクションキー
特殊キー
黄色 文字キー
操作キー
カーソルキー
茶色 テンキー

テンキーってすごく便利だと思うんだよ。特に3DCGとかやってると、メインの数字キーとテンキーの数字キーが別々にショートカットが割り当てられてたりして、覚えたらマジで便利。作業が捗るわけ。

でね、俺は昔から疑問があるんだよ。それは、

なんでテンキーは右側についてるんだ?

と。

だってマウス右でしょ?そしてキーボードの右1/3くらいは拡張領域と言って良いわけで、そうなるとメインの部分が随分と左側によってしまう。
そのせいで、ディスプレイに対して真正面にキーボードを置くことができなくなる。

ダメな例 その壱

はい、これ。

ディスプレイに対して真正面にキーボードを置いてみた。マウスを使わないのであればこれで十分だけど、マウスを使わないのはゲーマーの俺にとって致命的。

この状態でマウスを使うと、キーボードのテンキー部分にマウスが当たってしまい、兎に角邪魔。邪魔。邪魔。邪魔。邪魔すぎて屁で空飛べそうになる。

ダメな例 その弐

はい、これ。

みんなこんな風にキーボード置いてるよな。大抵の人はこうやって、ディスプレイに対して左側にキーボードを寄せている。

だけどキーボードってただでさえメインのキーが左側に寄ってるのに、更に左にずらして置くわけだから、もう体がディスプレイに対して左側半分の位置になってしまうわけだよ。マジで。

なんでこんな作りにしたのか、俺は全く理解が出来ない。作ったやつ、そしてこれが当たり前だと勝手に決めつけて作り続けてるやつ、バカなんじゃねーの?

全部必要

とは言え、ファンクションキー、文字キー、特殊キーは完全に必須だし、操作キーもかなり駆使してる。カーソルキーだって無くちゃいけない。

操作キーを使わない人が多い。多すぎる。それは無駄だ。
例えばテキストエディタでテキストを開いたとする。 5行目から12行目までをコピーする場合、5行目のどこでもいいからマウスでクリック → Homeキー → Shift押しっぱなし → カーソル下を7回押すと、キレイに5行目から12行目までを選択することが出来る。
マウスで5行目の先頭まで移動してクリックし、そのまま12行目までドラッグするより数倍は速い。てかテキストエディタでマウス多様するなって話。

じゃぁどういうのが理想なの?となる。

答えは簡単だ。テンキーが左側にあれば良い。

しかしテンキーが左についたキーボードなんか見たことがない。

ではこうしよう。

テンキーレスキーボードと、テンキーをそれぞれ別に買う、だ。

買った

俺は紐状のものが大嫌いだ。紐状のものは人類の敵だ。だから無線だ。Bluetoothだ。

今使ってるキーボードは1280円くらいのしょぼいUnifyingキーボードだ。Unifyingはもう卒業して、全部Bluetoothにしたい。

全部Bluetoothにすれば、MacでもAndroidスマートフォンでもAndroidタブレットでも全部で使えるじゃんか。UnifyingだとWindowsとMacでしか使えんし。

だからBluetoothだ!だ!だだー!!!!!!

FILCOのBluetoothテンキーは生産終了してるし取扱がなくなると思うので、画像を別途ここに置いておくよ。

しかしなんだろうな、この定価7,000円しないのに、勝手に2倍以上の値段に釣り上げるそのいやらしい浅ましいクソみたいな精神は。キーボードが15,000円くらいだったのに、テンキーは俺が買ったときは18,000円だったよ。バカかよ、マジで。

こういうふうに意味もなく勝手に無許可に無断で無節操に値段を釣り上げるやつって、人間として最低の腐れゲスアナル野郎だな。いい加減にしろよ。なんだよ2倍以上って。義務教育受けてるのか?

というわけで、こういうショップは駆逐されてしまい、関係者全員がもれなく人生の露頭に迷えば良いと思ってる。豚肉生で食って倒れろや。

なんでそんなバカ高いの買ったんだよ!と思うかもしれないけど、別のメーカーだったらキーボードとデザインが同じにならないじゃんか。FILCOの角張った、それでいて分厚く重苦しいヘビーなテイスト、そんな無骨で男らしいデザインのテンキーが他のメーカーから出ているとは限らないし、おそらく出てない。それにFILCOはキーボードとして愛用者が激しく多いのに、2,000円くらいのペラペラなテンキーなんか買えるもんですか。はしたない!!!

届いた

さて、届いたぞ。

なかなかしっかりした箱に入ってる。テンキーレスなのでやっぱり小さい。そして、重い!!!!なにこれ本格的すぎる!!!

電池、説明書などが入ってる。梱包も丁寧だ。

中身を取り出してみた。キートップを引っこ抜く工具と、Windowsキーを屠ったときの埋め合わせセットがついてる。

そしてこれ!!!このキーボードカバーが素敵すぎる!!!!いいねーこういうの!!!たまらんちん!!

ペアリングに難儀

早速電池を入れてWindowsとペアリングしようと思ったんだけど、思いの外よくわからなかった。

よくわからんので裏返してみた所、ディップスイッチとかついてる。すげぇなこれ。色々出来るんだろうなぁ。例えば英語キーボードにしちゃうとか、そういうこともできそうだよな。

で、マニュアル読んでみた。

この丸い穴はスイッチになってるので、細い針金なんかでスイッチを入れる。そうするとペアリングが始まる。

実はこのキーボード、4台まで切り替える機能がついてる。つまりキーボードを取り替えること無く、4台のPCで使えるということだ。その為まずは1台目として登録させる必要がある。

Alt+Ctrl+Fnのあとに番号、例えば1番目なら1をタイプすれば良いらしい。2台めは2だ。なるほど、これは最初面倒くさいけど設定ちゃんとしたらクソ便利でクソ便利すぎる便利っぽさが便利だね豚肉。

テンキーは思いの外しょぼい

テンキーはマーケットプレイスのショップから発送してきたんだけど、箱もないわ、製品がちょっとガタついてるわで、なんだかあんまり程度が良くなかった。しかし在庫が数個しかなかったのと、そもそも生産終了してるから中古で買うしか無かったわけで、そこは折れるしかない。

ちなみにテンキーのキートップの文字、何故かオフホワイトだ。テンキーレスのキーボードの方は白なのに、これでは色が合わないではないか!と思ったけど、あんまり気にならない気がしたのでよしとする。

早速電池をいれてペアリング。

はて?ペアリング方法がわからんぞ!?説明書も何も入ってないし。くそ!検索するか!!!

で、FILCOの別の製品のペアリング方法を試したら繋がった。ふぅ、めんどくせーな。ペアリングの方法くらいメモを入れておけよな、ショップよ。

理想の配置

これをご覧なさい。

理想の配置。完璧でござる。
これでLogicoolのプロプライエタリな規格であるUnifyingから卒業出来る!!!USBポートが1個空く!やったぜ!!

ちなみに10代の頃からギターやベースを弾いていたためか、左手でテンキー打つのは全く抵抗なく出来た。右手を10とすると、7~8くらいの精度で打てる。これなら左手でいいじゃん、と思った。

そしてテンキーは独立してるので、当然右に置くことも出来る。当然マウスのじゃまになるが、テンキーだけ上の方にずらせば良い。

Grand Theft Auto Vなどで飛行機を操縦する場合、WASDキーとテンキーの2468を使うので、その場合はテンキーは右手で操作したほうが遥かにプレイし易い。

おわり

というわけで、なんでもかんでも当たり前だとおもってくだらない先入観に支配されたしょうもない奴らがどんなすごい性能の製品を作ったって、たった一つのレイアウトミスってだけで使えないものになったりするよな、と思った。

難しく考えないで、マウス右だからテンキー左っしょ!でいいと思う。

そういう発想が出来ない人はものづくりってレベルじゃないから、裏山で穴でも掘ってろって感じがしますな。