Metasequoia4.5 – 球体から頭部を作る #003

眼球を作る

  • だいたいの位置に左目として眼球を作る
  • 球体をX軸で90度回転させておく
  • 位置合わせが終わったらミラーリングで右目も表示させておく

tmp00011

  • 頭部オブジェクトの目の当たりをへこませる

tmp00012

  • 眼球オブジェクトと頭部オブジェクトのどちらかしか表示されてない場合、表示メニューを使う
  • 「現在のオブジェクトのみ面を表示」のチェックを外せばOK

tmp00013

  • 眼球が丸く表示されるように調整しておく
  • 眼球のサイズや位置も適宜調整する
  • 眼球がおわったら鼻と口を盛り上げて置く

tmp00014

  • この時点で全体が丸みを帯びるように、辺や点を移動させる

tmp00015

  • 目と口の周りは放射状にすると後々良いので辺を追加していく

tmp00016

  • 頬にも辺を追加する

tmp00017

  • 面が四角くなるように、辺を一つ削除しておく

tmp00018

  • エラのところに辺を追加する

tmp00019

  • 手前の斜めになってる辺を削除し、四角い面にする

tmp00020

  • 全体を調整する
  • アゴを小さくしたり、放射状のところが綺麗になるようにする
  • 鼻の先もわすれずに

tmp00021